2018年09月11日 05時00分 公開
特集/連載

運用スキルの見直しが迫られているサーバレスを使いこなすにはIT運用専門家の「コーディング能力」が必要な理由

サーバレスインフラの管理を成功させるには、IT運用部門の協力が欠かせない。だが運用のプロフェッショナルも、システムエンジニアリングのスキルやインフラをコードで表現するスキルを磨く必要がある。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 企業では、サーバレスコンピューティングの導入が流行している。だが、このテクノロジーを試行段階から先に進めるには、IT運用のプロフェッショナルの助けが必要になる。

 今のところ、大半の企業のサーバレス導入はIT部門の小規模チームに限定され、初期段階にあるかアプリの実験段階にある。企業が最重要のビジネスアプリケーションにサーバレスインフラを導入する場合は、IT運用の専門知識が必要になるだろう。

 この現実は草創期のサーバレスコミュニティーの議論とは対照的だ。当初は「NoOps」を目指し、IT運用の専門家によるサポートがなくてもサーバレスアプリケーションが機能する未来を思い描いていた。NoOpsで運用しているスタートアップ企業もある。だが大企業では、たとえサーバレスインフラ内でもうまく機能しない。

 「(サーバレスインフラの)コンピューティングユニットは非常に小さくなっている。だが、それでもそのユニットを監視する必要があり、問題が発生すれば夜中の2時でも呼び出しがかかるのは変わらない」と話すのは、Small Winsの共同創設者兼CTO(最高技術責任者)のブライアン・ルルー氏だ。同社は、Slack Technologiesの「Slack」でプロジェクトとタスクの管理を行うアプリ「Begin」を開発している。「測定可能性、サービスレベル契約(SLA)、契約はいずれも、クラウドによって解決することではない」と同氏は続ける。

 アプリケーションが拡張し、成熟するにつれ、問題の範囲も変わっていく。その範囲は、個別のコード関数を作成することから、関数がどのように複数のクラウドサービス間で結び付き、全てのパーツが一体となって機能しているかを理解することへと移っていく。複雑なサーバレスアプリ向けに移り変わる多くのパーツの調整を支援する目的で、「Serverless Framework」や「Sparta」などのオープンソースフレームワーク、Amazon Web Service(AWS)の「AWS Serverless Application Model」や「AWS AppSync」などの専用プラットフォームが登場している。

 ここにIT運用部門の出番がある。だが、そのためにはスキルを刷新する必要がある。

運用スキルの見直しを迫るサーバレスインフラ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...