2018年09月19日 05時00分 公開
特集/連載

MDMやUEMで管理をスマートフォンのビジネス利用、セキュリティ対策「基本のき」

中間者攻撃からマルウェアまで、モバイルデバイスに対するセキュリティの脅威にはさまざまなものがある。BYODやモバイルデバイスの業務利用が増える中、ビジネスを脅威から守るには、どのような対策が必要なのか。

[Kevin Beaver,TechTarget]
photo

 企業におけるモバイルデバイスの利用はますます広がっており、継続的なモバイル管理の一環としてモバイルデバイスのセキュリティ対策に取り組む必要性が高まっている。

 モバイルデバイスのセキュリティの脅威は、物理的なデバイスそのものやクラウド環境などあらゆるところに潜んでいる。デバイスの盗難や紛失、マルウェア、公衆無線LANを悪用した中間者攻撃など、攻撃の対象となる範囲は幅広い。こうした脅威を防ぐには、企業のIT管理者が以下のようなベストプラクティスを実施することが重要だ。

モバイルの脅威への対策の基本

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...