2018年09月23日 05時00分 公開
特集/連載

業務用とプライベート用の違い業務用スマートフォンはいつ買い替えるべきか?

スマートフォンの寿命は永遠ではない。セキュリティの問題を防ぎ、最大限の性能を引き出すには、買い替えの時期を判断しなければならない。

[Jack E. Gold,TechTarget]
画像 企業のスマートフォンはいつ変える?

 企業のモバイル端末の買い替え時期は、かつては1年〜1年半程度だった。しかし今は機種による差が縮まり、価格が高くなったこともあって、2〜3年に延びている。中には壊れるまで買い替えないという企業まである。だが、スマートフォンに関しては、ライフサイクルに一定の基準を設けることが重要だ。

古い端末を使い続けてはいけない理由

 事情は企業ごとに異なるものの、大抵はスマートフォンを1年半〜2年以内に買い替えるのが望ましい。それより長いと、使うことはできても性能が大きく下がっていく。一般に、購入から2年たったスマートフォンはバッテリーの「持ち」が3〜5割に落ちる。

 アプリの実行速度も15〜20%遅くなる。15〜20%なら大したことではないと思うかもしれないが、これは一般的なエンドユーザーにも分かるほどの大きな違いだ。パワーユーザーなら生産性が大きく低下し、会社に直接響く損失を招く。

従業員のパフォーマンス向上を考えるなら発想の転換を

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...