2018年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon Alexa」が新入生を助けるAIが家庭教師や参考書の役割を果たす 教育機関でのAI活用の実態は?

AI技術の教育機関での利用が進みつつある。その用途は学習メニューの提供から入学プロセスの自動化まで多岐にわたる。技術は教師と生徒にどのような効果をもたらしたのか。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

教育IT | 機械学習


photo

 人工知能(AI)技術は、教育の提供や運営の在り方に大きな影響を与えつつある。既に生徒の学習の仕方に変革をもたらしている他、教師をサポートするとともに、大学の出願および入学プロセスの円滑化にも貢献している。

教室内外で教育を変革するAI技術

 K-12(米国の幼稚園から高校3年生にあたる12年生まで)の多くの教室で、教師はさまざまな学力の生徒を適切に指導するのに苦労している。特に公立の学校では、限られた予算とスタッフをやりくりしてしのいでいる。そのため各生徒に個別に注意を払い、生徒全員が基本的な知識を身につけた状態で次の内容に進むのは困難だ。しかしAIベースのツールがこうした問題を解決しつつある。これらのツールを使えば、指導および学習プログラムのカスタマイズにより、基本知識の習得に手間取る生徒をサポートできるからだ。

AIはパーソナライズした家庭教師を提供

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...