2018年09月27日 10時00分 公開
PR

「オフィス移転」を起爆剤にフリーアドレスでもビデオ会議を オフィス移転で新たに生まれる要望と対策とは

従業員増員や生産性向上などの理由からオフィス移転を検討する企業は、それをきっかけに社内外のコミュニケーション強化に注力すべきだ。

[ITmedia]

 企業のIT部門や総務部門にとって、オフィスの移転はできれば避けて通りたいイベントかもしれない。企業合併や企業規模の増減などでオフィスの移転を余儀なくされることは決して珍しくないが、移転の計画と実施には実に多くの手間とコストがかかる。IT部門や総務部門で移転を歓迎する人はそれほどいないだろう。

 しかし近年では、移転を機にオフィスのデザインやレイアウトをがらりと変え、企業の働き方そのものを再定義する動きも出てきている。モバイルワークや在宅勤務の取り組みとあわせてオフィスのフリーアドレス化に踏み切ることで、働き方改革を推進する企業は少なくない。

 ここで欠かせないのが「オフィスのデザインを変えることで、社内外のコミュニケーションがどう変化するか」という視点だ。オフィスのデザインがコミュニケーションに与える影響というとどうしても執務室内のデスクやインテリアのレイアウトに注目が集まりがちだが、見落としてはいけないのが「コミュニケーション環境のデザインや配置」である。それも、単に社内の人間が集まることを考慮したデザインだけではなく、社外にいる人間がビデオ会議を通じて会議に参加することを考慮に入れた設計やデザインが重要になる。

 スムーズなコミュニケーションを実現するにはどういったポイントを押さえるべきなのか。詳しく見ていこう。

提供:ポリコムジャパン株式会社

提供:ポリコムジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部