2018年09月26日 05時00分 公開
特集/連載

覚悟を決めたIT部門担当者に知ってほしいWindows 10移行をどうしても円滑に進めたい 今だから教えるツールとヒント

IT部門はWindows 10への円滑な移行のために、Windows 10アプリケーションの互換性を確認する「Microsoft Management Console」のような役に立つツールを使える。

[John Powers,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | アプリケーション


画像 せっかくなら「円滑に」進めたい

 「Windows 7」と「Windows 8」の延長サポート終了が迫る中、多くの組織が「Windows 10」へのアップグレードを迫られている。

 移行期間中、IT部門にはやるべきことがたくさんある。Windows 10へのアップグレードに伴う負担を軽減するため、以下の4項目を参考にしてほしい。

クリーンインストールの検討を

 ユーザーがOSのアップグレードで大きな不安を感じるのはデータの紛失だ。重要な文書を保存したフォルダも、スクリーンセーバーに使っている画像ファイルも、ユーザーはWindows 10へのアップグレードで自分のデータが適切に移行されることを望む。

 ユーザーに移行後も不満を感じさせないためには、それまでのOSをアンインストールせずに新しいOSをインストールできて、現在の設定を維持できる「アップグレードインストール」が最もシンプルで簡単な方法のように思える。だが、そのOSに生じていた不具合や、ユーザーが必要としない余分なデータもそのまま引き継がれるという問題がある。

 代替となり得るのは「クリーンインストール」だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...