2018年09月27日 10時00分 公開
PR

テレワークセキュリティの最適解とはファイアウォールの外は“魔界” 外出先でのWebアクセスは安全か?

テレワークなど社外での業務は当然の選択肢となりつつあるが、社内と同程度のセキュリティを確保できている企業は多くない。「全ての脅威を防ぐ」解決策はあるのか?

[ITmedia]

 働き方改革が注目を集め「オフィスに出勤してそこで働くのが当然」という意識も変わってきた。またモバイル端末やワイヤレスネットワークが発展した結果、いつでもどこでも、さまざまな情報にアクセスし、多彩なコミュニケーション手段で仕事ができるようになった。オフィス以外の場所で働くテレワークは、従業員が通勤の無駄から解放され、企業にとってはオフィススペースなどが削減できるなど、さまざまなメリットが期待できる。

 ただ、テレワークではWebアクセスのセキュリティが置き去りになりがちだ。自宅のネットワーク、カフェの公衆無線LAN、モバイルWi-Fiやテザリングなどアクセス回線もバラバラで、セキュリティレベルはユーザーの環境に大きく依存する。エンドポイント対策のみならず、統合脅威管理(UTM)などの多層防御による備えが常識となっている企業は少なくないが、セキュリティ機器に守られた社内環境から見ると社外のWebアクセスは、いわば“魔界”――。このような環境で安全を守るにはどうすればいいだろうか?

提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社

提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部