2018年09月27日 05時00分 公開
特集/連載

うるさい隣人問題も解消?「Google Compute Engine」のシングルテナントVMがもたらす3つのメリット

Googleが使いやすさを考慮したクラウドサービスの探求を続けている。その一環で追加したのが専用のハードウェアに直接アクセスする仮想マシン(VM)だ。レガシーシステム特有の要件が必要な企業にも役立つ可能性がある。

[Trevor Jones,TechTarget]
画像 シングルテナントで専有インスタンスがあるVMを提供

 Googleが提供する最新の仮想マシン(VM)は、標準のパブリッククラウドのフレームワークに逆行するものだが、柔軟性が新たに加わったことで企業の要望を満たすことができる。

 「Google Cloud Platform」(GCP)の顧客は、同社のIaaS「Google Compute Engine」でシングルテナントのノードにアクセスできるようになる。現在はβ版であるこのシングルテナントVMには3つのメリットがある。1つ目は、共有サーバで生じる「ノイジーネイバー(うるさい隣人)」の問題が減少する。2つ目は、とりわけデータの保存場所に懸念を抱くユーザーに対して新しいセキュリティ層を追加する。3つ目は、厳格なライセンスの制約があるような特定のオンプレミスのワークロード移行を容易にする。

 パブリッククラウドモデルはマルチテナントの考え方を土台にし、プロバイダーが同一の物理ホストに複数のアカウントを収容することでスケールメリットを生かすものだ。この初期の顧客は、専用ハードウェアのメリットを手放す代わりに、インフラ管理の作業量削減と素早くスケールアウトできる能力を選択した。

魅力的なGoogle Cloud PlatformのシングルテナントVM

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...