2018年10月10日 10時00分 公開
PR

マイグレーション品質向上の鍵移行後のトラブルを減らす、マイグレーションプロジェクトの品質を確保する方法

システムのサポート終了に伴い、レガシーマイグレーションに挑む企業が次々と壁にぶつかっている。もつれた糸のようなシステムをどう移行させ、正常稼働にこぎ着けるのか。

[ITmedia]

 メインフレームやオフコンなどのレガシーシステムを長らく運用してきた企業の多くが、曲がり角に差し掛かっている。多くのメーカーが開発の縮小方針を打ち出し、サポートの終了が現実味を帯びてきたのだ。これまで延命させてきたレガシーシステムの将来について決断を下すべき時期が近づいている。

 もともと、レガシーシステムを維持、運用するにはメーカーに膨大な額の保守費を払い続ける必要があり、企業の予算を圧迫していることは長年の課題だった。また、開発や運用のスキルを持つエンジニアも不足し、新たな人材の確保が困難になりつつある。こうした背景も後押しとなり、今重い腰を上げ、レガシーシステムを最新のオープン系プラットフォームにマイグレーションをする企業が増えている。

 しかし、レガシーシステムのマイグレーションには多くの困難が伴う。実際にマイグレーションに着手した企業の多くからは、「マイグレーション後にシステムトラブルが頻発した」「プロジェクトのコストや期間が超過してしまった」「要員を確保できない」といった声が聞こえる。こうした課題を乗り越え、レガシーシステムのマイグレーションを成功裏に終えるには、どのような手を講じればよいのだろうか。ポイントはマイグレーションの際の「テストの効率化」と「移行後の定着」にあるという。有識者が語った。

提供:株式会社SHIFT

提供:株式会社SHIFT
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部