2018年10月10日 10時00分 公開
PR

大規模採用事例も、注目のベンダーに聞くクラウド時代のデータマネジメント、データ保護はなぜ「楽」なのか

企業IT基盤の簡素化を阻むのはバックアップ運用に関わる仕組みの複雑さ。共通ITインフラ基盤の構築や運用をより一層「楽」にするために見直すべき点はどこかを取材した。

[ITmedia]

 システム運用管理の中でも複雑で手間が掛かるのがバックアップシステムの統合や標準化だ。

 柔軟で俊敏な全社共通基盤の構築を目指したとしても、システムのバックアップやストレージの設計がシンプルに提供できなければ運用工数がかさみ、リソース提供までのリードタイムも短縮できず、俊敏さに欠けてしまう。

 共通基盤としてのデータ保護ポリシーのガバナンスを効かせながら、事業部門の開発者らが安全にシステム開発に従事できる環境をつくるには、どのようなバックアップ環境があればよいだろうか。

 この課題を解消するソリューションを提供する企業が、日本でも実績を重ねつつある。データ保護ソリューションを提供する競合企業の元経営者らも注目するこの企業が提案するのは、複雑になりがちなバックアップをはじめとしたデータ保護のシンプル化と、クラウドへのネイティブな対応だ。本稿ではその特徴を取材した。

提供:Rubrik Japan株式会社

提供:Rubrik Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部