2018年10月16日 05時00分 公開
特集/連載

マイクロサービスや他のシステムにもアクセス制御を提供マイクロサービス対応「ADC」の新機能 企業のセキュリティ確保が可能に

ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)は、目新しいネットワークツールではないが、大幅に進化している。最新のADCに加わった幾つかの機能について、セキュリティ面を中心に解説する。

[John Burke,TechTarget]
photo

 クラウド対応のアーキテクチャやマイクロサービスを中心にIT環境のリファクタリングが進んでいる。そんな中DevOps向きで、コンテナ化されるマイクロADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)が軸となる2つの役割を担う。1つはロードバランサーとしての役割だ。ADCはトランザクション管理の核として、サービスへの要求を各ノードに配布し、パフォーマンスと回復性を確保できるようにする。もう1つは、マイクロサービスアーキテクチャ(MSA)へのゲートウェイと、一元化したコミュニケーションハブとしての役割だ。この役割では、ADCがサービスのセキュリティ確保に重要な役割を担う。

 ADCは、キートランザクションにおいて、ゲートウェイと汎用中継装置の両方になる。そのため、ADCは、アクセス制御ポイント、トランザクションのフィルターと検証機能、暗号化のオフロードポイント、ログエンジンの役割を果たし、セキュリティを提供する。

セキュリティなど、新たな機能を提供する最新のADC

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。