2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

AIシステムのブラックボックス化を解消人工知能(AI)の不公平な判断を指摘するツール IBMが提供開始

日本IBMが企業のAI技術活用を支援するためのサービス/ツール群の提供を開始した。中でも注目のツールは、AIエンジンが使った判断材料を分析し、検証する「Trust and Transparency capabilities」だ。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

写真 IBM 吉崎氏

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は2018年10月4日、企業での人工知能(AI)技術活用を推進するためのサービス/ツール群「IBM Services AI Enterprise Knowledge Foundation」を提供開始した。AI技術活用の戦略策定や導入支援、人材育成といったサービスと、AI技術の運用管理をするためのツール群で構成する。目玉は同年9月20日から先行して提供しているツール「Trust and Transparency capabilities」だ。

AIシステムの判断材料を分析

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...