2018年10月22日 05時00分 公開
特集/連載

AWSなどクラウドのサポートが後押しオープンソースRDBMSのコストメリットと懸念点を考える

コストを重視するユーザーにとっては、これまで主流だったリレーショナルデータベースに代わる優れた選択肢として、オープンソーステクノロジーが浮上している。

[Jack Vaughan,TechTarget]

 企業が生み出すデータの量は増え続けている。それに伴い、データプロフェッショナルはジレンマに直面する。それは、データ量が増えれば、データベースのコストが高くなるのは仕方がないのかというものだ。コストに目を向けるIT部門では、専用リレーショナルデータベーステクノロジーに代わる可能性として、オープンソースのRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)プラットフォームへの注目度を高めている。

 オープンソースRDBMSをサポートするクラウドコンピューティングベンダーが増えている。そのため、これを「Oracle Database」や「Microsoft SQL Server」のようなRDBMSに代わる選択肢として検討するユーザーも増えている。そう話すのは、コンサルティング企業Athena IT Solutionsでマネージングパートナーを務めるリック・シャーマン氏だ。

 「オープンソースデータベースは以前から存在する。特にWeb関連では、開発者が『MySQL』や『PostgreSQL』のようなデータベースを利用している。だが、今ではオープンソースの利用がさらに広がっている。それは、Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoftなどのクラウドベンダーがオープンソースシステムを提供するようになったためだ」(シャーマン氏)

 結果として、企業ユーザーは、オープンソースデータベース自体を運用するために新しいシステムインフラを導入しなくても、「Oracle DatabaseやSQL Serverのコストを回避できる」ようになったとシャーマン氏は補足する。同氏は、ノースイースタン州立大学の大学院工学研究科でビジネスインテリジェンスとデータウェアハウスのクラスを受け持っている。

抵抗が少なくなったオープンソースソフトウェア

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...