2018年10月19日 13時00分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法

「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2020年1月の「Windows 7」サポート終了を前に、企業の間で導入機運が高まりつつある「Windows 10」。音声アシスタントの「Cortana」やWebブラウザ「Microsoft Edge」など、Windows 10の新機能や強化点は数多いが、アップデート後に管理者が注意しなければならないことがある。それはクラッシュやマルウェア感染といったトラブルへの対処だ。

 Windows 10は新機能や修正プログラムの提供を積極的に繰り返す「Windows as a Service」という提供モデルを採用しており、安定性やセキュリティに関する修正プログラムも継続的に提供している。ただしソフトウェアである以上、トラブルの芽を完全につぶすことは極めて難しい。

 トラブルが起きたときに、いかにその事実を迅速に把握し、原因を突き止め、影響の拡大を食い止めるか――。こうした基本的な対処法が、Windows 10でも引き続き重要になる。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料では、Windows 10のトラブル対策の効率化に役立つツールを紹介。マウスやキーボードが動かなくなった際の対処法も併せて説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...