2018年10月20日 05時00分 公開
特集/連載

アプリケーションとプロセスをデバイスから分離「Windows 10」でコンテナを導入するには

「Windows 10」で「Docker」コンテナを利用して、アプリケーションとプロセスをユーザーのデバイスから分離することができる。これは他のアプリケーションとのコンフリクトなどを防ぐのに役立つ。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Docker | Windows Server | Hyper-V


Windows10のコンテナを使うメリットとは《クリックで拡大》

 Windows 10のコンテナを使うと、アプリケーションとプロセスを移植しやすいランタイム展開に分離することができる。

 コンテナには、アプリケーションやプロセスに必要なコンポーネントや設定ファイルが全て含まれる。各コンテナは、それぞれにプロビジョニングされたリソースセットにしかアクセスできず、コンテナから見ればそれ以外のリソースは存在しない。

 Dockerはコンテナの作成と管理を行うためのオープンソースソフトウェアプラットフォームだ。「Windows 10 Anniversary Update」以降、Windows 10の64ビット版「Professional」エディションと「Enterprise」エディションでは「Docker Toolbox」を使わずにDockerコンテナを実行できるようになった。

 ただし、コンテナを展開するコンピュータには「Docker for Windows」(無償の「Community Edition」または「Enterprise Edition」)をインストールしておく必要がある。インストールと設定は簡単な手順で行える。

DockerでWindows 10コンテナを利用するには

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...