2018年10月23日 05時00分 公開
特集/連載

カーシェアリングやドローンのもたらす新たなリスクAI時代の保険業界 新しいテクノロジーにどう対処するか

保険会社でAIの活用が進んでいる。AIは社内の業務改善だけでなく、顧客対応や保険請求の処理に利用される。自動運転やサイバーセキュリティなど、AIが新たな損失リスクとなることも考慮しなければならない。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

業務改善 | ビッグデータ | 機械学習 | 経営


photo

 保険業界はテクノロジーを真っ先に導入する業界だとは考えられていないが、実際にはテクノロジーの変化に最前線で触れる機会が多い。

 テクノロジーが大きく変わると、社会、ビジネス、人々の暮らし方、働き方、関わり方も変わることがその理由だ。人工知能(AI)技術がもたらす新たな課題に、保険業界が取り組んでいるのは不思議なことではない。テクノロジーの変化で生じる課題は、保険会社の顧客である企業や個人だけでなく、保険会社の社内運用や商品にもたらされる。

 そのレポートによると、保険会社幹部の75%以上が、今後3年間で保険業界全体が大きく変わる、または全く変わると考えているという。約3分の1の回答者は、自社がAIによって「全く変わる」と答えた。「大きく変わる」と答えたのは39%だった。

新しいテクノロジーがもたらす新たなリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。