2018年10月31日 10時00分 公開
PR

サポート延長だけでは済まないJava 8の移行検討Javaアプリケーションを超軽量にしてマイクロサービス化する方法

Java 8業務アプリ利用の猶予はいつまでか。流動的な状況に多くの企業が混乱するが、オンプレかクラウドかの2択ではなく実態に即した支援を打ち出すベンダーがある。

[TechTargetジャパン]

 いまJavaユーザーは大きな岐路に立っている。開発元だったOracleがサポート体勢や開発ポリシーを変更したことで、「はしごを外された」多くの企業や公共機関が混乱の渦中にある。

 複数のベンダーが独自のサポートを提案するが、状況は流動的で「何を信頼すべきか」が問題になっている。このような中、古くから独自にJavaの実装に深く関与してきたベンダーが企業Javaユーザーの支援に本腰を入れる。

 既存投資保護だけでなく、既存実行環境の課題も丸ごと解消する提案が可能だという。以降ではその詳細を見ていく。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部