2018年11月06日 10時00分 公開
PR

複雑な業務環境を一元管理働き方改革推進のヒント 理想的なテレワーク環境で「本当に必要なもの」とは

デバイスやアプリケーションが多様化し業務を取り巻く環境は複雑になっている。こうした中で働き方改革を推進するためには、どのような環境が必要なのか。

[廣瀬治郎,TechTargetジャパン]

 働き方改革を実現するためには、企業はITを最大限に活用して、従業員に充実した労働環境を用意する必要がある。従業員が業務を遂行する時間や場所を柔軟に選択できるテレワーク環境の構築は、働き方改革を推進する起爆剤といえる。不要な移動時間を削減できるだけでなく、従業員の働きやすい環境を提供することで生産性の向上も期待できる。こうした背景からテレワークを中心に働き方改革を進めている組織は少なくない。

 デバイスやアプリケーションが多様化し、個々の組織が独自の仕組みで業務を遂行することが少なくない現代では、テレワークを実践するためにクリアしなければならない課題がある。コストは当然だが、セキュリティは必ず解決すべき課題といえる。セキュリティを重視し過ぎれば業務システムの利便性が低下するため、バランスが重要だ。

 「セキュリティ」と「利便性」という相反しがちな要素を両立させる方法はあるのだろうか。

提供:ヴイエムウェア株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部