2018年11月09日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドDevOps導入を成功させるための10の法則

DevOpsモデルはソフトウェア開発おけるアジャイルアプローチの上に成り立っている。変化を嫌う組織の中でDevOpsを始めるには、注意深く事を進める必要がある。

[Rob Bamforth,Computer Weekly]

 テクノロジーの普及は、顧客の期待が急激に高まることを意味する。顧客は手持ちの端末を自由に切り替えつつ、シームレスなサービスを期待する。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 アジャイル開発はソフトウェア開発の柔軟性を高め、ビジネスニーズに対応しやすくする必要性から生まれた。迅速なプロトタイプ開発、概念実証、インキュベーターなどは、前世代の機械工学的「スカンクワークスプロジェクト」(訳注)のアナログ的アプローチに対するデジタル版となっている。

訳注:革新的な製品や技術を開発するための独立開発チームのこと。航空機メーカーLockheed Martin(ロッキード・マーチン)の先進開発計画を担った部門の通称に由来する。

循環式のDevOpsモデル

 だがプロトタイプを進化させるため、あるいは拡張するために「1回限りの」実験を捨てて最初からやり直さなければならない場合、労力は無駄になる。循環式のDevOpsモデルはその作業を捨ててしまうのではなく、ソフトウェア開発におけるアジャイルアプローチを基盤としてそれを運用的デプロイと組み合わせる。その目的は、計画、開発/コーディング、インテグレーション、テスト、リリース、デプロイ、運用、モニター、フィードバックで構成される閉ループのライフサイクル構築にある。

 従来の段階的なアプローチと異なり、DevOpsの要素は継続的インテグレーション、継続的デリバリー、継続的デプロイを通じたライフサイクルの中で継続的に実行される。従ってツールに対しても違ったアプローチが必要になる。そのために「Chef」「Docker」「Puppet」などがDevOpsに関連して定着した。

 しかしDevOpsには多くの課題や側面があり、ツールのポートフォリオは人やプロセスの変化に対応することが求められる。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。