2018年11月09日 05時00分 公開
特集/連載

広告ブロッカーが有効な場合もcookieのプライバシー対策、便利さとセキュリティのバランスをどう考えるか

cookieはWebサイトでパスワードや設定を再入力しなくて済むようにしてくれる便利な機能だが、プライバシーに関する不安がつきまとう。cookieの役割を整理した上で、どのようなセキュリティ対策があるかを紹介する。

[Gary Olsen,TechTarget]

 cookieに基づくトラッキング(行動記録)や広告表示などは、インターネットを無償で利用する対価のようなものだ。通常は無害であり、役に立つことも多いが、マイナス面もある。IT担当者はcookieを削除する前に、その役割とプライバシーの問題の両方を理解しておこう。

 WebブラウザでWebサイトのログイン情報や閲覧情報を保存する小さなファイルであるcookieは、1990年代から使用されている。ほとんどのWebサイトにはそれぞれのcookieポリシーがあり、ユーザーが確認できるようになっている。

 ユーザーが特定のWebサイトを初めて閲覧すると、cookieが作成されてそこに閲覧情報が保存される。次に同じサイトを閲覧したとき、Webブラウザがcookieを読み込んでユーザー名やパスワードなどの情報を自動入力する。これにより、Webサイトを素早く表示でき、ログイン情報を毎回入力しなくて済む。

 cookieはWebサイトでのユーザーの行動を追跡することもでき、閲覧したWebページや各ページの閲覧回数、ショッピングカートに入れた商品などの情報を保存できる。ユーザーは最近見た情報をもう一度確認したり、設定の入力を省略したり、関心のある商品やその他のアクティビティーを見直したりできる。通販サイトで見た商品が別のサイトで広告として表示されるのも、この機能があるからだ。

cookieのセキュリティ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。