2018年11月11日 05時00分 公開
特集/連載

覇権争いが激化AIを巡る国家戦略 米中、そして日本の動向は?

AIの研究開発は現在、米国と中国が主導する状況だが、世界中の国家が競争力を維持しようと戦略を練っている。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

IT戦略 | 機械学習


AI活用は世界中で進む《クリックで拡大》

 先進国のほとんどが今、働き方や社会・経済運営の変革を目指してAI戦略の策定を進めている。だが、機械学習は70年ほど前から存在していたにもかかわらず、なぜ今になって、国家がAI戦略の策定に乗り出したのか。そしてなぜ、どの国もまだ、AI産業で独占的な地位を確立するに至っていないのか。

現在のAIは米中が主導

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...