2018年11月16日 10時00分 公開
PR

実務で使える工場のIT化は誰が提案するかスマート工場、「現実的で効果的な提案」ができる企業の要件とは

現場を越えてさまざまなものをつなぐ「スマート工場」。ビジョンは分かるが、今、目の前にある機器や装置はどうすればよいか。現場では全体像を語り合うパートナーが求められている。

[TechTargetジャパン]

 製造業におけるIoTの取り組みに関心が集まってきた。インダストリアルIoT(IIoT)などと呼ばれ、製造現場の生産機器、加工機器などをインターネットにつなぎ、データを収集分析することで新しい価値を生み出していこうという取り組みだ。

 日本が進める「Society 5.0」の中でも、AIやロボットとともにIoTがものづくり分野における新たな価値創出のキーワードになっている。工場については「AIやロボット活用、工場間連携による、生産の効率化・省力化、熟練技術の継承(匠[たくみ]の技のモデル化)、多品種少量生産」などを実現することで、人手不足の解消や多様なニーズへの対応を図っていくとされる。

 だが、「工場IoT」に対して現場からは疑問符も付く。現場のデジタル化は従来のFAシステムが既に実現してきたからだ。こうした不和が起こるのも、ITソリューションの中で語られるスマートファクトリー像と、現場のデータセットとをつないでいくための通訳が不在であることが大きい。自動車メーカーのお膝元で、工場IoTに取り組む企業に話を聞いた。

提供:萩原テクノソリューションズ株式会社

提供:萩原テクノソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部