2018年11月28日 10時00分 公開
PR

部分最適を全体最適に変えるには課題山積みの働き方改革、従業員2000人の働き方を変えたある企業の取り組み

2000人を超す従業員を抱えるある企業は、会社全体で働き方改革に取り組んだ。部門単位ではなく、全社的な改革は容易ではない。その企業が取り組んだこととは。

[TechTargetジャパン]

 ここ数年の働き方改革の動きに後押しされ、自社でもワークスタイルを変えようと業務環境やコミュニケーション方法、業務の進め方を見直す企業が増えてきた。

 だが、社内のワークスタイルを変えるには部分的な見直しではなく、目標とするワークスタイルに沿った全体的な最適化が必要だ。そのことに気付き、他社よりもいち早く業務の全体最適化に目を向けた企業がある。グループ全体で2000人を超す従業員を抱えるその企業は、どのようにして組織が目指すべき業務環境を実現したのか。また、その蓄積したナレッジやノウハウをどう生かしているのか。本稿では、その取り組みについて説明したい。

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部