2018年11月27日 10時00分 公開
PR

ロボットが働きやすい環境は整っているか現場主導のRPA導入、効果を最大化するための必須アイテムとは

待望のRPA導入を果たしたものの、さまざまな要因で「壁」に直面してしまう企業が少なくないようだ。なぜ、うまく業務効率化につなげられないのか。その理由を解説しよう。

[ITmedia]

 最近では業務効率化の一手段として、業務システムなどで繰り返し行う作業を簡単に自動化できるRPA(Robotic Process Automation)が注目を集めている。

 しかし、RPAを導入したものの、十分な成果が得られないというケースが少なくない。例えば高機能なRPAは細かく作り込める分、社内の開発者の負担増、もしくは外部SIerへの発注コスト増加が生じてしまうことも多々ある。逆に、簡単に扱えるRPAでは、システム側のちょっとした変更で動かなくなったり、誤動作してしまったりすることもあり、かえって現場の業務が増えてしまったという結果にもなりかねない。では、どうすれば失敗を回避できるのだろうか。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部