2018年11月27日 10時00分 公開
PR

企業内の業務効率化を驚くべきスピードで「RPA+α」で、効率化しにくい「人手に依存する作業」を一挙に片付けよう

働き方改革の推進力として注目を集めている「RPA」。そもそも、どのようなメリットをもたらしてくれるものなのか。そして、導入効果を最大限に引き出すためのコツとは?

[ITmedia]

 多くの企業にとって「働き方改革」は重要な課題になりつつある。働き方改革を実現するには、時間や場所に縛られない労働環境を実現するのはもちろん、既存業務の無駄を排除することも不可欠だ。

 すでに多くの企業がさまざまな面から業務効率化に取り組んできたはずだ。しかし、それでも現場には人手を割かざるを得ない多くの定型業務や事務処理が残されている。社員が複数のシステムを操作し、データの入力や確認、転記などの作業を行わなければならない業務は少なくない。このような現場の負担となっている定型業務や事務処理を肩代わりするものとして、一連の操作をソフトウェアロボットで自動化するRPA(Robotic Process Automation)が注目されている。

 本稿では、改めてRPAの基本を紹介しつつ、導入効果を最大限に引き出すためのコツを紹介する。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部