2018年12月06日 05時00分 公開
特集/連載

暗号鍵を不正に取得される可能性Bluetoothの新しい脆弱性 その仕組みと対策方法とは

新しいBluetoothの脆弱性が2018年7月に発見された。この脆弱性には、中間者攻撃によるデータ改ざんやデータ漏えいの危険がある。脆弱性の内容と、暗号鍵の復元や攻撃の仕組み、対策について解説する。

[Judith Myerson,TechTarget]

関連キーワード

Bluetooth | 情報漏えい対策 | 公開鍵 | 脆弱性


photo

 Bluetoothを実装するとき、特定の条件下でOSのソフトウェアドライバとファームウェアに影響を及ぼす脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。

 この脆弱性は、使用する楕円曲線パラメーターを十分に検証せずに、楕円曲線ディフィー・ヘルマン(ECDH)鍵交換で公開鍵を生成した場合に発生する。公開鍵は2台のBluetoothデバイス間で交換され、共有ペアリング鍵が生成される。パラメーターの検証が不十分な場合、デバイスの暗号鍵の取得が目的の攻撃を受ける危険がある。

 攻撃者は無線通信の範囲内で中間者攻撃を仕掛け、2台のBluetoothデバイス間の通信を傍受することが可能だ。ペアリングの際に不正な公開鍵を注入すれば、攻撃者はセッション鍵を盗み取ることができる。

 攻撃者は、送信者(被害者)と受信者(攻撃者)間で通信されるあらゆるメッセージをこのセッション鍵で暗号化することができる。被害者は、知らないうちに攻撃者の公開鍵を使ってメッセージを暗号化し、それを攻撃者に送信することになる。攻撃者は受信したメッセージを秘密鍵で復号できる。攻撃者は不正にメッセージを改ざんすることもでき、被害者がそれに気付かない限り、攻撃を受けていることは分からない。

エンドユーザーがとれる対策とは

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。

news020.jpg

無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を...

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。