2018年12月13日 10時00分 公開
PR

3つの実例で理解する生産性向上のために情シスが選択したシステム内製化、成否のカギとは

現場の課題を迅速に解決し、より細かなニーズをシステムに反映することで生産性向上の有効な手だてとなり得るシステム内製化。自社にとって最適なアプローチを見いだすにはどうしたらよいか。

[TechTargetジャパン]

 取引先の要望やルール変更などにシステムが素早く対応できなければ、現場が手作業でカバーするしかない。だがこれは生産的ではない努力といえる。根本的な課題解決には、変化に対応しやすい形でシステムを内製化し、現場に無駄な運用をさせない仕組みが必要だ。

 しかし多くの場合、情報システム部門は日々の業務で身動きがとれず、現場はシステム内製化のスキルや予算を持たない。システム内製化を実現できていない上に、Excelなどを駆使したブラックボックスのようなツールが管理されずに乱立しがちだ。

 こうした問題の解決に有効な手だてとして、情報システム部門の業務を効率化しながら現場の生産性を高めるシステム内製化のアプローチが注目を集める。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部