ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略

「ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略」の連載記事一覧です。

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第5回】

製薬企業のIT部門に求められる役割は大きく変わりつつある。ビッグデータ、人工知能(AI)、デジタルデバイスといった新技術をビジネス戦略に取り入れるCIO(最高情報責任者)の役割も見直す必要がある。

【前田琢磨 , アイ・エム・エス・ジャパン】()
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第4回】

製薬企業はどのような形でビッグデータを利活用しているのだろうか。リアルワールドデータ(RWD)の話題を中心に、さまざまな企業の事例を紹介する。

【西 裕志 , アイ・エム・エス・ジャパン】()
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】

製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。

【西 裕志 , アイ・エム・エス・ジャパン】()
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第2回】

MR(医薬情報担当者)の多くは、顧客である医師と5分以内の面談時間で情報提供をしているというデータがある。このような制約下で営業・マーケティング部隊の生産性を高めるためにITが貢献できることは何だろうか。

【金子直美 出木場 秀二 , アイ・エム・エス・ジャパン】()
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】

専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。

【住田 真一郎 , アイ・エム・エス・ジャパン】()