0.5歩先の未来を作る医療IT

「0.5歩先の未来を作る医療IT」の連載記事一覧です。

0.5歩先の未来を作る医療IT

問診票や、日々計測した血圧や血糖を記録する手帳は、紙ベースのフォーマットが長年利用されていました。しかし近年ではこれらもデジタル化が進んでいます。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
0.5歩先の未来を作る医療IT

診療所経営の見える化を実現するPMS(Practice Management System:病院向け経営支援システム)。登場の背景には「もっと楽に電子カルテやレセコンのデータ分析をしたい」という、医師の切実なニーズがあります。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
0.5歩先の未来を作る医療IT

「集患」と「待ち時間」という、クリニック経営の代表的な課題を、ITはどのように解決するのでしょうか。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
0.5歩先の未来を作る医療IT

ビデオ通話のシステムを利用し、患者が来院せずに診療を受けられる「遠隔診療」の登場は、医療ITに新しい価値を示しました。遠隔診療をヒントに「医療ITが普及するための条件」を考えます。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
0.5歩先の未来を作る医療IT

クラウドとタブレットの普及によって、医療現場のIT活用が浸透しつつあります。診療報酬による評価やさまざまな規制緩和は、このムーブメントに対してどのような効果をもたらすのでしょうか。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
0.5歩先の未来を作る医療IT

電子カルテの導入がうまくいかない理由は、紙カルテの業務フローが現場に残っているせいかもしれません。解決のヒントは「紙は残さない」「電子カルテ操作はクラークに任せる」「過去カルテの処分」です。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
0.5歩先の未来を作る医療IT

紙カルテのワークフローを残したまま電子カルテを利用しようとすると、結果的には二度手間が生まれがちだ。電子カルテの「ITならではのメリット」を正しく理解する必要がある。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから否定的な意見が上がることが少なくない。この「IT化への恐怖」の根源は何だろうか。

【大西大輔 , MICTコンサルティング】()
Loading