ITコンサルタント、Webサービス開発…… 次に目指すべきあなたのキャリアはこれだ 2013年夏・ITエンジニア転職戦線

ITエンジニアの転職市場が盛り上がり、再び活性化している。転職を考えているなら、今が希望をかなえるチャンスかもしれない。3社のキャリアコンサルタントに、現在ITエンジニアを取り巻く転職状況、転職に成功した人のエピソード、お薦めの求人情報などを聞いた。

キャリアコンサルタント インタビュー

■今、ITエンジニアに必要な5つのスキル


テクノブレーン株式会社
ITSection Manager
碣石 浩二(たていし こうじ)氏

 リーマンショック以降、下火であった採用数は確実に増加傾向にあります。ソーシャルゲームやWeb業界から、コンサルティングファーム、ITベンダ、SI企業へもその傾向は広がり、クラウド、ビッグデータ、タブレット上でのソリューションというキーワードで盛り上がりを見せています。今後求められるのは単体のサービスではなく、クロスファンクションでの高付加価値のサービスになっていくと予想されます。

 そんな中、ITエンジニアに求められるスキルとして、下記のものが挙げられます。

・高い技術スキル、技術トレンドの知見
・プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力
・クリエイティブな感覚、もしくはビジネス的な感覚
・周囲を巻き込む力(開発者以外を巻き込む力)
・特定領域の業務知識、非ITの知見

 これらのうち何か1つではなく、複数の専門性やポテンシャルがあるかどうかが、企業の評価につながっていると感じます。

 今後、新たな環境での飛躍を考えているITエンジニアの方には、BtoBであれBtoCであれ、自社サービスや製品を持つ企業がいいかもしれません。技術を目的にするのではなく、技術を使ってどのように製品やサービスを良くしていくかという感覚は、これからのITエンジニアに求められる資質だと思います。

 例えば、「技術者として良いものを作りたい」との希望を持ち、SI業界からコンシューマ向けのWebサービス会社へ転職した20代後半のITエンジニアがいました。転職前は顧客との折衝が主なタスクであり、“限られたリソースでいかに収益を確保するか”ばかりが求められていましたが、転職後は技術にかかわる時間も目的も大きく変化したそうです。良いものを作るためにITエンジニア同士が議論し、切磋琢磨できる環境で、日々自分の成長を感じているとのことです。

 企業の期待値に合わせるように、現在のITエンジニアのキャリアパスは幅広くなっています。ご自身の強みをしっかりと分析した上で、さらに何を得たいのかを明確化することが重要だと思います。即戦力を望む企業と新たなキャリアを望むITエンジニアとの間には、必ずミスマッチが生じます。それを少しでも減らすため、「今後目指すものは何か」「なぜそう考えるのか」「そのために今足りているものと足りていないものは何か」を見つめ直した上で、さまざまな機会を持つことをお勧めします。

テクノブレーンがお薦めする求人情報を見る

■コンサルファーム、大手SIerで“最”上流工程を担当できるITエンジニアへ


株式会社リーベル
マネージャー
磯部 聡(いそべ さとし)氏

 2012年の転職市場は非常に盛り上がり、その勢いは2013年現在も続いています。特にコンサルティングファームやSIerにおけるITエンジニアのニーズは高く、若手から中堅、シニアまで幅広く採用意欲があります。その中でここ数年、企業はスペシャリストを求める傾向にあり、技術、業務知識、マネジメントなどをバランス良く経験していることはもちろん重要ですが、何か1つ秀でたスキルを持っていることが企業からの評価を高めています。

 20代のITエンジニアであれば、JavaやPHPなどのオープン系の技術スキルに加え、金融や製造、流通、通信などの業界知識を持っていると汎用性があり、ニーズが高いスキルとなります。30代になると20代のスキルに加え、マネジメントスキルが求められますので、大規模なプロジェクトをマネジメントできることが市場価値を高めることになります。

 また近年は顧客企業の要望レベルが高くなっており、顧客の求めるところを正しく理解し、IT戦略の立案やシステム化計画、マネジメントができることが、プロジェクトを成功に導く鍵になっています。そのためコンサルティングファームやSIer(大手SIerや業界特化のSIer)では、“最”上流工程ができる素養を持ったITエンジニアを求める傾向にもあります。職種としてはITコンサルタントやITアーキテクト、プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダーが当てはまり、ニーズが高いです。

 最近の例では、中堅のSIerからコンサルティングファームへ転職されたITエンジニアがいます。SIerにて約8年の経験を積み、金融システムの開発を手掛けてきた方で、金融(特に証券)の業務知識という高い専門性が評価され、転職に至りました。転職先では金融機関向けのコンサルティングとプロジェクトマネジメントで大いに活躍しています。

 転職はスキルアップ、キャリアアップするための1つの選択肢です。「現在よりもさらに成長したい」という高い意欲を持った方が転職を選択、決断し、新たなキャリアを築いています。ぜひ、そのような思いを持って皆さんには転職活動に臨んでもらいたいと思っています。転職成功に必要な面接テクニックや情報は、私どもに何でも聞いてください。

リーベルがお薦めする求人情報を見る

■ITエンジニアの転職市場は追い風。今こそ決断の時


アデコ株式会社
コンサルタント
山口 孝之(やまぐち たかゆき)氏

 現在、SIerやIT製品ベンダなど、いわゆるSI業界の転職市場が復調傾向にあります。企業業績が底を打ち、再び設備投資への意欲が上向いてきたため、情報技術への投資意欲も回復してきたのではないかと考えられます。

 近年、BtoCのWebサービス企業がITエンジニアの求人をけん引してきましたが、ソーシャルアプリやソーシャルゲームを中心に、採用需要が一段落した感があります。SIer、コンサルティングファーム、ITベンダなどの求人は2013年に入って急増しており、この業界でのキャリアアップを考えているなら今が狙い目です。また、事業会社の社内情報システム部門の求人も増加傾向にありますので、社内SEへの転身を目指す方にはチャンスといえます。

 SIer、コンサルティングファームへの転職であれば、ITスキルやヒューマンスキルのほか、年齢に応じたマネジメント経験や業務知識が必要になってきます。特に大手企業志望の場合、この2点がなくても大丈夫なのは20代までで、30代になると何らかの経験や知識が求められます。逆にいうと、SIer、コンサルティングファームでのキャリア形成を希望しているなら、30歳までに多少でもマネジメント経験や業務知識を身に付けておくことが重要でしょう。

 成功例として、最近大手SI企業の金融部門に転職した30代のITエンジニアの事例をご紹介しましょう。この方は中堅のSI企業で、地方銀行を顧客に数々のプロジェクトを経験していましたが、2次請けに当たる環境のためマネジメントできる範囲が限られ、キャリアに限界を感じていました。この“2次請けの天井”を打ち払うために転職活動をして見事成功し、現在はプライムのプロジェクトリーダーとして活躍しています。この方の例のように、必要な経験と知識があれば、今なら2次請けからプライムを狙うことも十分可能です。

 SIer、コンサルティングファームでは、“いい人がいたら採用する”という姿勢から、“今年中に何人採用しなければビジネスが成立しない”状況に変わり、転職市場が盛り上がりつつあります。

 追い風の時に動いた方がいいはずです。ここ数年、景気動向を危惧して二の足を踏んでいた方は、腰を上げる時が来たのだと思います。

アデコがお薦めする求人情報を見る

キャリアコンサルタントがお薦めする求人情報

求人情報 No.1
職種名コンサルタント
業種グローバルソフトウェアベンダ
想定年収800万円〜1000万円勤務地東京都
仕事内容主に企業向けシステムのアプリケーション開発、基盤(インフラ)構築、もしくはERP導入のプロジェクトマネジメント。
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.2
職種名BI/ビジネスインテリジェンス コンサルタント
業種日系コンサルティングファーム
想定年収経験に応じる勤務地東京都
仕事内容先進的なBIサービスを提供することにより、クライアントの意思決定・判断の確実性やスピードの向上、収益の拡大に直接的に貢献する。
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.3
職種名ITアーキテクト/テクノロジコンサルタント
業種ITコンサルティング会社
想定年収600万円〜1000万円勤務地東京
仕事内容戦略的ITの開発・技術支援
・大規模なオープン系基幹業務システムやWebアプリケーションシステムの生産性・保守性の高いアーキテクチャの設計、構築
・品質基準、開発標準の策定や標準技術の導入、開発環境の導入
・プロジェクトに参画する開発パートナーやメンバーへの教育、OJT支援など
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.4
職種名業務プロセスコンサルタント
業種外資系コンサルティングファーム
想定年収500万円〜1200万円勤務地東京都
仕事内容基幹業務を支えるシステムソリューションをベースとして効率的にクライアントの業務プロセス改革を行い、企業価値の最大化を実現。また難易度の高いプロジェクトにおけるプロジェクト管理を支援。
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.5
職種名自社Webサービス開発エンジニア
業種Webサービス企業
想定年収500万円以上勤務地東京都港区
仕事内容・Web/スマートフォン向け自社新規サービス開発、既存サービスの追加開発の提案、設計、実装、保守
・ビジネス側の責任者からの要件のヒアリング、技術的対策の提案
・各サービスのKPI改善に向けた調査、追加開発、効果検証
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.6
職種名フロントSE
業種スマートデバイスシステムの研究開発、SaaS開発等
想定年収400万円〜800万円勤務地東京都
仕事内容スマートデバイス、クラウドサービスを利用したソリューションの提案業務(自社プロダクト、クラウドやスマートデバイス、Webなどを絡めたアプリケーションの提案)
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.7
職種名プロジェクトマネージャ/ITアーキテクト
業種国内系大手SIer
想定年収500万円〜1000万円勤務地東京都
仕事内容・金融や官公庁を中心としたコンサルティング、システム提案、システムコーディネータ業務
・業務システムに関わる要件定義、開発およびプロジェクトマネジメント
・APソフトウェアの内部構造の設計(ソフトウェアアーキテクチャ設計)
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.8
職種名Webサービス開発エンジニア
業種急成長のWebサービスベンチャー
想定年収400万円〜800万円勤務地東京都
仕事内容LAMP環境でのWebサービス開発。仕様決定、設計、開発、サーバ設計・運用、UIまでシステム開発業務全体を担当。
お薦め求人情報の詳細を見る
求人情報 No.9
職種名インフラエンジニア
業種日本を代表する電機メーカー・総合商社から誕生した歴史あるインターネット総合サービスプロバイダ
想定年収450万円〜650万円勤務地東京都
仕事内容・自社クラウドサービスまたはクラウド技術を利用した新規サービスプラットフォームの企画・構築・運用業務
・先端技術を生かした活躍が可能なやりがいのある職場
お薦め求人情報の詳細を見る

提供:テクノブレーン株式会社/株式会社リーベル/アデコ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT自分戦略研究所 編集部/TechTarget 編集部/掲載内容有効期限:2013年7月30日

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

テクノブレーン株式会社

ヘッドハンティング・スカウトをベースにしたコンサルティングを展開。ITエンジニアに特化したスタイルで多くの紹介実績を持つ。キャリアコンサルタントとして、転職ありきではなく、市場動向や今後の技術動向などを敏感にとらえたキャリアパスを提案することがモットー。スカウトマンならではの目線で候補者との接点を持つ紹介エージェント。平成4年創業の歴史からのノウハウあり。

株式会社リーベル

IT業界専門の人材紹介会社。エンジニア、コンサルタントを中心に数多くの転職者の支援で実績を積み重ねる。日本マイクロソフトやNTTデータ、アビームコンサルティングから内定率で表彰を受けている。全員がIT企業出身の「IT業界に精通したキャリアコンサルタント」が的確な求人紹介を行う。紹介精度の高さから企業人事の評価も高く、非公開の極秘案件も多数保有。

アデコ株式会社

60を超える国と地域で事業展開する総合人材サービス企業、アデコグループの日本法人。国内では100カ所以上の拠点を持ち、東京をはじめとする主要7大都市圏だけでなく、そのほかのエリアの求人も多数用意。全国に広がるネットワークを活用して、最適な求人を紹介できる。「IT業界」などの業界軸、「エンジニア」「財務」といった職種軸、それぞれの分野に精通し、転職活動に関する幅広いノウハウや経験を持つキャリアコンサルタントが、今後のキャリア構築を支援。