IoT/ビッグデータ時代に向けたデータベース選定のヒント

近年ではビジネスにおけるデータ活用のニーズが急速に高まっており、多くの企業がデータ分析やビジネスインテリジェンス(BI)のためのデータベース基盤構築に乗り出している。また、IoT(Internet of Things)時代を迎えた今、機器やデバイスが扱うデータは増え続けており、データの扱い方そのものが大きく様変わりしようとしている。
企業システムの構築・運用に携わる情報システム担当者にとって、目下最大の課題の1つが「データベース製品のコスト問題」だ。当然のことながら「より大容量」「より高速」を追い求めていくと、データ分析基盤の構築・運用にかかるコストも跳ね上がっていってしまうため、現在データベース製品の費用対効果を根本的に見直す動きが各所で起こりつつある。まだ「これだ」という決定打は見つかっていないものの、解決策となり得る製品も徐々に登場している。コストパフォーマンスの高いデータベースの新たな選択肢を見ていく。

データベース選定の常識を疑え

IoTでエッジコンピューティングを実現するには条件がある。末端のIoTデバイスから企業の中央まで、セキュアなデータの流れを実現しつつ、データ変換などのコストを引き下げなければならない。そのためには、IoTに向いたデータベースを選択する必要があるだろう。

主要な商用データベースは高過ぎる。でも安いだけのデータベースにも不安がある。そんな企業に知ってほしい、コストと機能のバランスが取れたデータベースが登場した。

2015年7月に@IT主催勉強会「『身の丈』『運用コスト』から考えるこれからのデータベース選定」が開催された。無駄なコストや手間が掛けず、かつ要件を満たすデータベースを選ぶコツについて紹介する。

基幹系システムを仮想化、クラウド環境で稼働させる際、焦点の1つになるのがデータベース選びだ。選択肢は限られていたが、安価かつ導入しやすいデータベースの登場で状況が変わりつつある。

宝飾業界向けの業務パッケージ「GEM SYSTEM」。1994年の発売以来、機能強化を重ねてきたが、中身のデータベースは一度も変えていないという。その理由とは何か。開発元のユーテックに聞く。

「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」だけがDB製品ではない。中にはよりリーズナブルなDB製品も存在するが、“安かろう悪かろう”では安心できない。性能も価格も満足できるDB製品はあるのか?

Oracle DBやSQL Serverは優れた製品だが、中小規模の業務システムにはオーバースペックな面もあり、何より高価だ。中堅・中小企業の製品選びでは、性能や信頼性はもちろんのこと経済性も大切な要素だ。

データベース市場で高いシェアを誇る、Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Server。この2製品は確かに優れた製品ではあるが、用途やニーズによっては、他の選択肢を選ぶ方が賢明だ。

クラウドやビッグデータ活用が注目される今、データベースへのニーズは多様化している。有名商用データベースやオープンソース以外の製品も選択肢に入れ、本当に自社のニーズに合ったデータベースを選びたい。

動画で見るActian X活用事例

フランスの通信会社システムで採用

フランスの高速鉄道 TGVのシステムを手がけるExpandium solution でVectorを採用された事例。


ルフトハンザ・システムズ

世界中の300社の航空運用システムで稼働し、5,000機 の飛行機の航空運航管理システムで採用された事例。


多様なニーズと多様な製品からベストなDBを選ぶために

データベースへのニーズが多様化する現在、データベースサーバに求められるものとは何か。リレーショナル・データベースの判断基準について解説しながら、RDBMS製品選択に考察していく。

マンガで見るPSQL:中堅・中小企業システム開発に適したDB

スーパー派遣プログラマあかねが行く [ 第 1 章 ]

今回開発するのは、関東近県に50店舗を持つチェーン店で使用している会員管理用Windowsアプリケーションのリプレース。コンパクトで低予算、そして高い応答性能を顧客は希望している。最適なデータベースとは?

スーパー派遣プログラマあかねが行く [ 第 2 章 ]

データベースのサポート費用、仮想化環境への対応、クラウドコンピューティング移行、いずれも業務システム開発において避けては通れない問題だ。もし、これらの負担が少なくなるデータベースがあるとしたら?

スーパー派遣プログラマあかねが行く [ オルタナティブ ]

レンタルビデオチェーンのシステムに導入されたPSQL。開発も終盤に入り、未経験のデータベースという最初の不安も今では払拭された。一般的なRDBとの違いを指摘するあかねの言葉に、一同が気付かされたこととは?

提供:株式会社エージーテック
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年8月17日

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

保守サポートの無償化を実現したActian Zen / PSQLデータベース

お問合わせ

データベース製品に関するご質問、ご相談はお気軽に、お問合わせください。専任担当者が直接、お客様の疑問にお答えします。

TEL:03-3293-5230
eMail:sales@agtech.co.jp