モバイルを制すものはビジネスを制す――モバイルの活用は、新しいステージに

過半数の企業でスマートフォンやタブレットが導入された今、「いかにセキュリティーを担保しつつ、業務により密接したかたちで戦略的に活用するか」が、モバイル活用の中心的なテーマになってきた。本サイトを通して、そのために欠くことのできない戦略の策定、システムやアーキテクチャーの解説から、最新動向、先進的事例など有用な情報を提供する。

ホットトピックス

日本パレットレンタルが業務用モバイルアプリを開発、その効率化の鍵とは?
スマートデバイスが普及するに従い、従来の専用無線端末に比べ価格が圧倒的に安いスマートフォンは、業務分野でも活用が広がっている。今後のモバイルアプリケーションの開発と運用保守の効率化に対し、どう取り組めば良いのか。事例からそのヒントを探る。

良いモバイルアプリとは何か? 調査で分かった「5つのポイント」
スマートフォンやタブレットの普及により、企業の従業員や一般消費者はさまざまな場面においてモバイルでの体験に大きな影響を受ける。企業ブランドにまで影響を与えるモバイルアプリにおいて、「良いアプリであることの条件」とはどのようなものなのだろうか?

アプリ開発

製品資料

モバイル端末の企業への導入が進む中、より進んだモバイル活用のニーズが高まっている。既存のアプリケーションにもアクセスできるようにする。新たなアプリで新しい働き方を支援する。顧客に最高の体験を提供する。このような要望に対し、企業はどう取り組めば良いだろうか。

(2015年12月4日)
事例

スマートデバイスが普及するに従い、従来の専用無線端末に比べ価格が圧倒的に安いスマートフォンは、業務分野でも活用が広がっている。今後のモバイルアプリケーションの開発と運用保守の効率化に対し、どう取り組めば良いのか。事例からそのヒントを探る。

(2015年11月30日)
レポート

スマートフォンやタブレットの普及により、企業の従業員や一般消費者はさまざまな場面においてモバイルでの体験に大きな影響を受ける。企業ブランドにまで影響を与えるモバイルアプリにおいて、「良いアプリであることの条件」とはどのようなものなのだろうか?

(2015年11月30日)
事例

ユーザー体験に優れ、機能強化を図りながら、マルチプラットフォーム対応のアプリをセキュアに配信し続けるには、開発の効率化が不可欠だ。対応OSごとに増える開発工数やOSのバージョンアップに追随するコストを削減し、品質向上を実現したセイコーエプソンの開発手法を探る。

(2015年9月11日)
レポート

昨今、業務アプリケーションにも、モバイル対応が浸透し始めている。モバイルビジネスアプリケーションを開発するためのアプローチ要件とソフトウェアライフサイクル管理に必要なこととはどのようなものか。手引書から、すべきことをひも解く。

(2015年10月2日)
事例

速やかなサービスリリースのためには、より迅速なシステム開発が求められる。12週間という短期間で車両用テレマティクスとGPS情報を組み合わせたモバイルアプリを開発した事例から、その成功要因をひも解く。

(2015年10月2日)
技術文書

ユーザーがモバイルアプリに寄せる要求は厳しく、使い勝手が悪ければ即、削除されてしまう。ユーザーの高い期待に応える魅力的なアプリを開発する方法とは?

(2015年1月28日)
講演資料

生産性向上を目的としたモバイルデバイスの業務利用が増加している。業務アプリのモバイル化が生産性アップには適しているが、課題も表面化してきた。本資料では、モバイルアプリ開発運用現場の抱える課題と対策を紹介する。

(2014年7月1日)
事例

モバイルアプリ開発においてコストと開発期間は悩みの種だ。独Rochde&Schwarzが、マルチプラットフォーム対応のモバイルアプリ開発で、開発コストを60%削減した例から課題解決のヒントを探る。

(2014年7月1日)
比較資料

アプリケーションのモバイル対応は企業にとって喫緊の課題だ。無償で利用可能なIBM製品と、オープンソース・ツールとを、実際にアプリを作成してさまざまな角度から比較してみた。

(2014年11月21日)

セキュリティ

製品資料

企業においても、iOSやAndroid上で動作するアプリストアから入手可能なモバイルアプリを、スマートフォンやタブレット端末で活用するニーズは増加する一方だ。しかし、これらをエンタープライズ利用するためには万全のセキュリティ対策を講じる必要がある。

(2015年8月31日)
レポート

急増する職場へのモバイル・デバイス持ち込みは避けることのできない課題だが、このBYODを禁止することは賢明とは言えない。ここで問題となるのは、企業データを保護する安全な環境において生産性を確保しながら、個人用のアプリとデバイスをどのようにサポートするかである。

(2015年5月11日)
動画資料

MaaS360による、スマートフォンやタブレットを簡単でセキュアに管理する方法を紹介。フリートライアルで、包括的なモバイル・デバイス管理を実際に体験可能だ。

(2014年6月4日)
製品資料

モバイルデバイスが普及し、ユーザーがアプリケーションを通じてさまざまな機能を利用している現在、企業にとってモバイルアプリの取り組みは欠かせない。その際最も大きな課題となるのがセキュリティだ。

(2014年7月1日)

ビジネス変革

事例

医師向け出版社PLMは、全ての情報をデジタル化し、モバイル端末から医師が情報を取得できるアプリ開発に着手した。わずか2カ月で28種のアプリケーションを開発できた秘訣に迫る。

(2016年3月3日)
事例

インテリア・エクステリアメーカーのサンゴバンCPSは、納入スケジュールに関する情報提供に課題を感じていた。モバイル業務アプリの整備・活用により、回答時間を99%以上改善した事例を解説する。

(2016年3月3日)
技術文書

モバイル導入を積極的に推し進める企業が増える一方、企業のIT部門はそれに伴うセキュリティリスクや管理負荷の増大に不安を抱えている。モバイル活用の成熟度を4段階に分けて解説するとともに、モバイルの真のポテンシャルを引き出す方法を示す。

(2015年9月4日)
レポート

企業のモバイル戦略は、組織それぞれの“CXO”が緊密な連携をとって実行できるものでなくては意味がない。さまざまなモバイルテクノロジーを業務改善やビジネスイノベーションにつなげていくための包括的な戦略策定には、果たして何が必要なのか?

(2015年5月11日)
レポート

「モバイルファースト戦略」とは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの利用を大前提として業務プロセスを見直し、収益性や顧客満足度の向上に取り組むことだ。この戦略をスムーズに実践するには何が必要で、どんなことに気配りする必要があるのだろうか?

(2015年5月11日)

エンゲージメント

レポート

スマートデバイスの出荷台数は10億台となり、もはや後戻りも失速もない境界点を超えた。そんな中で企業はどのようなモバイル戦略を立てていけばよいのか。モバイルへの取り組みは企業にとって手に負えないものとなる可能性もあるだけに、慎重な戦略策定が欠かせない。

(2015年5月11日)

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2016年6月30日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

IBM Watson Summit 2016 〜 ようこそ、コグニティブの時代へ。
IBM MobileFirst Next 2016 最新セミナー講演資料公開中
ビジネスを動かす IBM MobileFirst ‐実践すべき4つのこと‐
IBM ソフトウェアダイレクト

当サイトでご紹介しているソリューションに関する
お問い合わせ、相談窓口はこちら。

0120-550-210

受付時間:平日9:30〜17:30(12:00〜13:00を除く)

IBM MoileFirst 無料試用版はこちら