加速するアプリ開発内製化の必須ツール「超高速開発ツール」 の選び方

ビジネスのスピードが加速する中、競争に勝ち残っていくためには意思決定されたものを素早くシステムに落とし込むための仕組み作りが求められている。そのような中、注目されているのが「超高速開発ツール」である。

優れたメンテナンス性や品質の平準化、開発生産性の向上、開発資産の継承などのメリットがある超高速開発ツール。一方で、コード自動生成ツールやBPMS、テスト自動化ツール、EAIをはじめとしたデータ連携ソリューション、そして実行環境としてのリッチクライアントなど、一言で超高速開発ツールとは言ってもさまざまな製品群が含まれており、製品選定に際しては、自社に求められる機能を見極める必要がある。

本特集では、超高速開発ツールに関するさまざまなホワイトペーパーを採り上げ、製品選定の参考となる情報を提供していく。

企業のデジタルトランスフォーメーションを促進する「超高速開発」

 ITを業務へと浸透させることで企業の競争力を強化するデジタルトランスフォーメーションは、あらゆる企業にとって喫緊の課題だ。特に昨今は、意思決定の迅速化により、システム構築にもスピードが求められている。例えば“シャドーIT”と言うと聞こえは悪いが、業務部門が使い勝手とスピードを求めて、IT部門を頼らずに自分たちで必要なアプリケーションを構築する動きも目立っている。一方でIT部門側も、以前ならアプリケーション開発ベンダーへアウトソースしていた開発案件を内製するケースが増えている。業務部門が満足するスピードや要求に応えるためだ。そして、一度作り込んだシステムを長く使い続けるよりも、時代やビジネスの変化に合わせて作り直すニーズが増えている。仕様変更の多いシステムやアジャイル開発をした方が良いようなシステムでは、IT部門と業務部門の共創に適したツール選択が近道だ。

 そこで注目されているのが「超高速開発ツール」の活用だ。開発者個人のスキルを要さず、ドキュメント作成の手間も大幅に削減でき、システムの構築から運用までを少ない人数で劇的に加速させることが可能になる。モバイル向けアプリケーションのような新規開発から基幹系システムの作り替えまであらゆる用途に対応でき、クラウドでの利用も可能なため、幅広いニーズに応えられるだろう。実際、既に多くの企業がこのツールを利用して生産性を向上させている。このホワイトペーパーでは、高速開発ツールベンダーの中でも老舗のマジックソフトウェアが提供するツールを紹介する。

提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2017年3月31日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

[an error occurred while processing this directive]