ホワイトペーパーレビュー:コスト削減だけじゃない!ビジネス基盤の強化につながる「帳票業務効率化」のポイント

多くのビジネスマンが何らかの形で関わる帳票関連業務。キーマンズネットが2016年に実施した調査では、約61%の方が商取引に関わる書類や社内承認に関わる書類で帳票の作成や利用に関わっていると回答している。業務の効率化やコストの削減を目的に電子化が進んでいる分野ではあるが、e文書法の改正やSFA、データベースとの連携機能の充実、電子化された情報の攻めの活用など、昨今新たなトピックスも多くある。本特集では、帳票業務の効率化に役立つホワイトペーパーを紹介する。

おすすめホワイトペーパー

メインフレーム系のシステム基盤はいまも多くの企業で利用されているが、帳票業務については、印刷時に専用機材が必要となることなどが制約となる。そこで、教育図書出版社の事例から、帳票出力業務のみをオープン化する方法を探る。

アサヒグループの食品事業を担う天野実業は、請求書発行システムの障害対策やセキュリティ対策を課題としていた。そこで同社が注目したのが、導入・管理コストを削減しつつ、対策を強化できる帳票ソリューションだった。

「紙の帳票を郵送より早く届けられる」「取引先の要望がある」などの理由で、FAXを利用し続ける企業は多い。しかし、業務の負荷やコスト、誤送信などのリスクも無視できない。これらの課題をまとめて解決する手段はないのだろうか。

コカ・コーラウエストは、企業統合を重ねる過程で帳票が1000種類以上に増加し、費用や管理負荷に課題を抱えていた。そこで注目したのがWeb帳票システムの見直しだ。この見直しで同社の業務はどこまで改善・効率化されたのだろうか。

アイティメディアのeBook

英国企業は年間約100億ポンドもの経費申請を処理しているが、ITを使ってその出費を管理している企業は驚くほど少ない。本稿では経費管理アプリケーションによっていかに組織のコストと時間を節減できるかを解説する。

(2017/03/01)

提供:コクヨ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2017年5月30日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.