ホワイトペーパーナビ 運用を効率化し、ビジネスに貢献するITインフラを実現 ハイパーコンバージドインフラ 選定のポイント

ITインフラの効率化や標準化は年々その速度を増している。そのような中、クラウドのような手軽さとオンプレミスの堅牢性を併せ持つことで期待が集まっているのが「ハイパーコンバージドインフラ」だ。ビジネスの拡大に合わせてスケールアウトができ、構成もシンプル、システムの増強時にも最小限のオペレーションで済む運用の簡易性などさまざまなメリットがあるハイパーコンバージドインフラを導入する際には、どのようなポイントで検討すれば良いのだろうか。本特集では、ハイパーコンバージドインフラの導入時に検討すべきポイントとあわせて、製品選定に役立つホワイトペーパーを紹介する。

おすすめホワイトペーパー

データセンターに仮想化技術を導入することは今や一般的だが、まだレガシーな仮想化技術が残っている企業も少なくない。このような仮想化環境を見直すことで、データセンターはどのような恩恵を得られるのだろうか。

おすすめコンテンツ

俊敏性、拡張性に優れたWebスケールIT

ITでビジネスを変革する「デジタルビジネス」に、多くの企業が関心を寄せている。これを実現するインフラは、パブリッククラウドのような特性を備えている必要がある。

アイティメディアのeBook

サーバやストレージ、ネットワークなどを単一筐体にまとめた「コンバージド(垂直統合型)システム」。最近は「ハイパーコンバージドインフラ」とうたう製品も出てきた。従来のコンバージドとの違いや、主要製品を押さえよう。

(2015/12/17)

サーバやストレージ、ネットワークなどを単一筐体にまとめた「コンバージド(垂直統合型)システム」。最近は「ハイパーコンバージドインフラ」とうたう製品も出てきた。その違いや共通点とは?

(2015/08/27)

提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2017年7月18日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.