準拠期限が迫る中で取るべき具体策とは? PCI DSS準拠支援ソリューション 選定のポイント

インターネット取引や訪日外国人の増加に伴い、クレジットカードによる取引高は年々増加している。それに比例して増加しているのがカード情報の漏えいや不正使用被害などのカード決済リスクだ。
この問題に対応するため、経済産業省のクレジット取引セキュリティ対策協議会は「実行計画2017」を策定しているが、その中で具体的な目標として示されているのもののひとつが「カード情報を保持する事業者のPIC DSS準拠」だ。しかも、EC加盟店は2018年3月、対面加盟店は2020年3月までにPCI DSS準拠を求められており、該当する企業にとって、対策は喫緊の課題となっている。
本特集では、PCI DSS準拠を支援するためのセキュリティ対策製品/サービスにフォーカスし、製品選定に役立つホワイトペーパーを紹介する。

おすすめホワイトペーパー

クレジットカード情報を扱う業者に対して、改正割賦販売法では情報管理の強化を義務付けている。これを受け、日本クレジット協会では、2018年3月までに「PCI DSS」への準拠などの対応を求めている。このPCI DSSに準拠するための方法とは?

クレジットカードの不正使用被害を防ぐため、カード情報を保持する事業者に対し、「PCI DSS」に準拠したセキュリティ対策が義務化された。多要素認証やログ収集機能など、ハードルの高い要件にどう対応すればよいのだろうか。

提供:株式会社ゼクト、ジャパンシステム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2017年10月13日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.