流通×データ分析(アーカイブ)

流通ビッグデータのアーカイブページです。

バックナンバー

どのようにして不安を解消していったのか

スターバックスでは、オンラインサービスのシステム基盤をオンプレミスからAWSへ移行することで、急激なアクセス増にも耐え得る仕組みを構築した。しかし、AWSの導入に際しては、大きな不安があったという。

(2015年6月19日)
基幹システムをクラウド環境で再構築

2015年3月に基幹システムを全面刷新したオンワード樫山では、アパレル業界向けERPの「SAP AFS」をクラウドサービスのAWS上で稼働している。導入の背景、比較検討のポイント、本番稼働から得られたノウハウを紹介する。

(2015年6月17日)
Searsの元CISOが語る

小売大手の米Searsでは、ビッグデータを活用するセキュリティシステムを導入した。小売業を狙った詐欺行為を食い止めるための仕組み、システム導入に必要な経営陣の承認を得る説得方法を紹介する。

(2015年3月30日)
企業に及ぼす影響は?

「PCI DSS v3.0」の新しい準拠要件は、企業の日常的なビジネスプロセスの一環としてカード会員データが保護されるようになることを目指している。本稿では、PCI DSS v3.0についてよく寄せられる質問と回答を紹介する。

(2015年3月23日)
低価格路線のガストが1000円以上のメニューを提供した理由

すかいらーくは、全国展開する「ガスト」でモバイルアプリとクラウドを用いたマーケティングとデータ活用の仕組みを構築した。その導入背景や製品・サービスの選定理由、導入効果について解説する。

(2015年3月12日)
重要なのは文化と技術

多くの企業は、データ駆動型の経営を行いたいと口をそろえていう。そこにたどり着くまでの道のりは決して平たんなものではないが、ある小売業者は、包括的なアプローチによってその目的を達成することに成功した。

(2015年3月12日)
ファッションテクノロジーで“仮想試着室”

サイズ違いの洋服を通販サイトで買ってしまったユーザーは商品を返品する。ブランドによっては返品率が80%にもなるという。適正なサイズの洋服を買ってもらうために行っている通販サイトの取り組みとは。

(2015年1月21日)
成功への8ステップ

ITのイノベーション(革新)は、全てのCIO(最高情報責任者)が検討すべき課題である。本稿では、米7-Elevenでイノベーションを実現したリーダーが説くイノベーションチームの構築に関する8つのステップを紹介する。

(2015年1月20日)
新標準に準拠する3つのポイント

「PCI DSS v3.0」の変更点への準拠期限は、すぐそこまで迫っている。本稿では、この新しい標準の変更点と、その変更点に対応するための準備について説明する。

(2015年1月7日)
iPhoneを紛失したらどうなる?

米Appleの新たな決済機能「Apple Pay」に組み込まれたセキュリティ対策は、決済セキュリティのエコシステム強化につながるかもしれない。だがiPhoneを紛失した場合の対策など、まだ答えの出ていない疑問もある。

(2014年9月30日)
クラウドERPに乾杯

クラフトビール(地ビール)分野で存在感を増していた米新興企業が、業務プロセス管理の不備で失速の危機に陥った。その状況を好転させたのが、社外から引き抜いたCFO兼COOが導入した「クラウドERP」だ。

(2014年8月20日)
SAP関連ニュースをお届け

7-Elevenが小売事業の刷新をWiproに委託、BackOffice AssociatesがSAPクラウドのコンサルティングを開始、その他のニュースをまとめてお届けする。

(2014年8月13日)
米小売り大手Targetの情報流出もこれが原因

POSシステムを狙ったサイバー攻撃が、米小売業界を震撼させている。従来の事件を基に、POSシステムが狙われる理由を整理し、情報漏えいなどの実害を避けるための6つの対策を紹介する。

(2014年6月19日)
iPhone、iPadでその場で支払い

中小小売業でモバイルPOSシステムの人気が高まっている。接客の自由度や効率性を向上することができる。また、店舗イメージなどブランディングにおいても有効だ。

(2014年5月27日)
POSデータと現場の声、業務データを横ぐしで分析

メガネ専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは、POSデータと現場の声、業務データをひも付けるデータ分析システムを2014年4月に構築した。機能性メガネなどで急成長を遂げる同社のデータ活用体制や分析基盤とは。

(2014年5月22日)
John Lewis、全部門で年間業績アップ

英百貨店チェーンは商品のオンライン販売の他に、モバイルデバイスを活用して販売チャネルを多様化させる取り組みを行っている。これによって売り上げの大幅増を達成した。

(2014年5月2日)
140万人が使うモバイルアプリで顧客の流れを把握

無印良品を展開する良品計画では、モバイルアプリを中核として、ネットストアと実店舗を結ぶ、O2Oの仕組みを構築。ネットとリアルで相互に送客し合う環境や、よりパーソナルなマーケティングを可能にしている。

(2014年5月1日)
大手チェーンストアのマルチチャネル戦略

英チェーンストア大手のTescoがマルチチャネル戦略を強力に推し進めている。顧客の購買行動がますます複雑になる中、チャネルやデバイスの間を行き来するシームレスなエクスペリエンス(体験)が重要性を増している。

(2014年4月23日)
クレジットカードのセキュリティ基準「PCI DSS」に対応できず

「Windows XP」サポート終了後も、XPベースの新しいPOSシステムが販売されている。それを使い続けると、クレジット決済の審査に不合格になるなど別の重大なリスクを抱えることになる。

(2014年4月16日)
小売業の売り上げ増加にも貢献

Facebookの「グラフ検索」は、ユーザーの行動をも反映した強力な検索機能だ。ただし、グラフ検索はFacebookだけのものではない。企業が自前でグラフ検索を実装すれば、さまざまなメリットが得られる。

(2014年4月8日)
乗車中のドライバーに発注内容を直接送って生産性を向上

GPSと車両追跡・ルート指定システムを活用し、2万の小売店を対象に1日220万個のパンを800台の車両で届けている製パン企業の取り組みを紹介する。

(2014年3月5日)
「干し草の中から針を探すような作業」を効率化

小売業者などでは、現金や商品の盗難/紛失の問題が発生することがある。ある外食企業では、ビッグデータマイニングを活用し、この問題に対応している。

(2014年2月26日)
顧客の70%が実店舗でアドバイスを受けたい

多くの企業が厳しい経営環境にある小売業界。Amazonや通販サイトとの差別化を図るためiPadや大型タッチスクリーンディスプレーを採用し、実店舗ならではの接客サービスで生き残りを図る企業が現れた。

(2014年2月13日)
「ホリデーITロックダウン」は改めるべき

小売業者の多くは総力を挙げるセール期間中、情報セキュリティ対策をないがしろにしたり、無視したりすることさえあるという。パフォーマンス向上のためにセキュリティを犠牲にするという考えは改めるべきだ。

(2014年2月5日)
顧客をつかみ、離さないためのマーケティングキャンペーン事例集

消費者と良好な関係を築くには、マーケティング分析ツールを用いて、顧客理解を深めることが有用だ。だが、顧客のイメージを具体的に描き、キャンペーン精度を高めるには、ちょっとしたコツが必要だ。

(2014年1月30日)
スロースタートが奏功し、データ活用が浸透

京阪百貨店は、基幹系システムをオープン化することで、データ活用の道を切り開いた。また最近では、カラム型DBを導入することで、データ量の増大にも対応し、活用の幅を広げている。

(2014年1月21日)
関連企業とのWin-Winの関係作りが重要

小売業を支えるバリューチェーン。そこでは、顧客情報や商品情報などさまざまなデータが日々蓄積されている。そうしたデータを適切に管理、活用することで、バリューチェーンの効率化と利益の増大へとつながる。

(2014年1月20日)
Hadoopを使って「大容量」「高速」を実現

佐川急便を中核とするSGHグループでは、1日350万、1年13億件もの荷物に関わる膨大な運輸データを扱っている。このビッグデータを、どのように収集・管理し、活用しているのか。講演内容を中心に紹介する。

(2014年1月17日)
顧客体験の個別化が進む小売業界

eコマースに関連する機能や技術は急速に進化している。モバイルや位置情報、ソーシャルネットワークなどをうまく活用することで、ターゲットを細かく絞った顧客体験を提供し、新たな商機を生み出すことができる。

(2014年1月16日)
侵入テスト、POSシステムの検査など厳格化

2013年11月に公開された「PCI DSS 3.0」では、コンプライアンス要件が10件ほど新たに追加され、支払いカードのセキュリティに関する要求が一段と厳しくなった。追加・変更点を詳しく解説する。

(2014年1月14日)
アナリティクスで価格競争以外の道を切り開く

消費者はかつてないほど多くの情報を手にしている。口コミ情報などが飛び交うソーシャルメディアも存在感を増している。流通・小売業は今、こうした流れにどう向き合えばいいのだろうか。

(2014年1月6日)
小売りを襲う「ビッグデータ中抜き」への恐怖

iOSやAndroid端末向けのモバイル決済製品/サービスは急速に充実しているものの、現場への普及状況はいまひとつだ。その背景には、情報の中抜きを恐れる小売業の拒否反応がある。

(2013年12月25日)
簡単じゃなかったクラウドでのDWH構築

消費財メーカーの米Procter & Gambleでは、米TeradataのDWHをクラウド上に構築し、各ブランドのWebサイトなどから集まるデータの分析に利用している。しかしながら、ここに至るまでの道のりは長かったようだ。

(2013年12月24日)
技術導入が小売店成長の鍵

オンラインよりも実際の店舗の方が衝動買いをしやすい。そのきっかけになるのは店舗に実装されたテクノロジーだ――。欧州で行われた調査結果からは消費者のニーズに合う“理想の店舗”が見えてくる。

(2013年12月18日)
勘と経験でデータに基づく決定に横やり

企業がデータの分析結果を重視してデータ駆動型の組織へと進化することを妨げているものは何だろうか。実際には何の関連もないが、水中を好む大型哺乳類と同じ名前というのがヒントだ。

(2013年12月10日)
消費者の需要予測がポイント

10人に9人は在庫切れを起こしたショップをもう利用しない――このような調査結果もあるほど、消費者は在庫切れに厳しい。注文が殺到するこれからのクリスマスシーズンをどう乗り越えるか。

(2013年12月6日)
計り知れない口コミの影響力

オンラインでショッピングを楽しみ、そのまま決済してSNSで友人とシェアすることが当たり前になった。その影響を最も受けている小売業では、新たな取り組みが進められている。

(2013年11月28日)
クレジットカード業界のセキュリティ標準

クレジットカードに関わるセキュリティ標準の最新版「PCI DSS 3.0」が2013年11月に公表された。新標準によって、PCI DSSは何が変わったのだろうか。徹底解説する。

(2013年11月25日)
データ分析の威力が分かる10事例

レジに設置したビデオカメラでドライブスルーに並ぶ客の列の長さを認識し、列が長い場合は、用意が簡単なメニューを自動で表示する。ファストフード店が実施しているデータ分析の活用術をはじめ、注目の事例を紹介する。

(2013年11月22日)
Facebook、Twitterの次は何?

FacebookやTwitterを仕事で活用する場合、どのような点に注意をすべきか。ソーシャルメディアを活用して顧客を店舗に呼び込んでいるベーカリーの事例を基に解説する。

(2013年11月19日)
値引き幅とセールの実施タイミングを最適化

オランダ最大手のファッション系ECサイトでは、シーズンごとの在庫品や返品率の高さが悩みの種となっていた。顧客ニーズに応じた体験を提供するため、ビッグデータとアナリティクスを大いに活用しているという。

(2013年11月5日)
ユーザー視点での説明が大事

米Coca-Colaでは、全米のボトラー各社に分散していたアナリティクスシステムを単一プラットフォームに統合した。これにより、売り上げ報告書の作成や生産高の管理などの業務を迅速化した。

(2013年10月29日)
求められるトヨタ的な継続的プロセス改善

オンライン小売業には今後、新しいタイプのアクション志向のビジネスインテリジェンス(BI)が要求される見込みだ。それはつまり、「科学者やアナリストなど知識労働の工業化」であるという。

(2013年10月24日)
ロケーションインテリジェンス(LI)が新たな武器に

スマートデバイスや地図サービスの普及もあり、身近な存在となった位置情報。活用を支援する技術も急速に充実し始めた。企業が位置情報を生かすための6つの活用例を紹介する。

(2013年10月15日)
意思決定の新たな手段、「ソーシャルメディア分析技術」【後編】

ソーシャルメディア分析技術は確かに強力だが、むやみに活用しても成果は得られない。ソーシャルメディア分析技術を生かすためにすべきことは意外と多い。

(2013年6月26日)
広告、マーケティングではデータが最も重要

マーケティング、広告分野はビッグデータ活用の事例の宝庫だ。米国の最新事例から、Hadoopなどビッグデータ技術が有用な理由を探る。

(2013年6月18日)
年商1200億円を支えるビッグデータ活用とは?

BI活用に成功している企業はどのようなアプローチでデータを生かしているのだろうか? 年間15億件のビッグデータをビジネスに生かす、あきんどスシローの取り組みを見ていこう。

(2013年6月7日)
選定に難航も“口コミ”が突破口に

通販大手のカタログハウスがビジネスインテリジェンス(BI)製品に求めた要素とは何か。同社情報システム部長である小幡 亮氏の話から明らかにする。

(2013年3月27日)
国産BIを「指名買い」、過去の成功体験がきっかけに

業務システムのパフォーマンス向上策として、BI製品「Dr.Sum EA」を導入した伊藤久右衛門。選定の背景には、情報システム責任者の前職での成功経験があったという。

(2012年11月27日)
変化するBIツールに必要な条件【後編】

BIツールの刷新を決めた米小売業のThe Paradies Shops。「これまで何時間もかかっていた処理が数秒に短縮される」と同社CIOが断言するBIツールの選定理由とは。

(2012年4月17日)
変化するBIツールに必要な条件【前編】

ビジネスを取り巻く環境が劇的に変化した米小売業The Paradies Shops。同社CIOはそのビジネス変化と現場の作業内容を確認し、「あるべき姿」を目指した。

(2012年4月9日)
BI分野のホットキーワード「モバイル」&「ソーシャルメディア」

1999年からBIを活用してきた米アパレルブランドのGUESS。iPadの登場とともにモバイルBIを強化し、Facebookによるカスタマーエクスペリエンスの提供に挑戦している。

(2012年3月7日)
Loading