IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2018 年)

4 月

/tt/news/1804/20/news05.jpg
Apple Payとの連携で顧客体験も向上

勝負に出たApple 「Business Chat」がB2C市場を席巻する?

Appleは、メッセージングサービス「Business Chat」のβ版プログラムで大企業と提携し、ビジネス市場でFacebookやGoogleに対抗する。

/tt/news/1804/18/news05.jpg
ポイントは“核”となるサービスを決めること

乱立するコミュニケーション基盤 どうすれば1つに統合できるのか?

チームコラボレーションサービスでは、メッセージングを1つのコミュニケーション基盤に統合する戦略を採用する企業が増えている。IT部門とエンドユーザーのコミュニケーションを円滑にすることが目的だ。

/tt/news/1804/17/news04.jpg
デメリットはたくさんある

複数のコラボレーションソフトを導入してはいけない理由

コミュニケーションプラットフォームが複数存在すると、IT部門のコラボレーション管理は難しくなる。また、社内に存在するアプリの種類が多くなり過ぎると、全体の効率が低下する。

/tt/news/1804/16/news01.jpg
基礎から分かるAPI管理【第1回】

UberやKDDIのAPI活用とは 主要5社のビジネスモデルを解説

API活用には、APIの提供者と利用者の双方にとってメリットがある。APIを活用したビジネスモデルや主要な事例について紹介する。

/tt/news/1804/14/news03.jpg
Microsoft以外の製品でも管理可能に

「Office 365」モバイルアプリ、管理機能充実の理由

仕事にMicrosoft「Office 365」を利用するモバイルユーザーは非常に多い。そのため、MicrosoftもEMMベンダーも、IT部門でのアプリ管理とセキュリティ対策を容易にすることに力を注いでいる。

/tt/news/1804/13/news03.jpg
Gartnerのアナリストが予言

「Office 365」「Slack」を音声操作? 音声アシスタントは企業でどう普及するか

AIを搭載した音声アシスタントが人間同士の会話に近づくために解決すべき技術的課題とは何だろうか。音声アシスタントの利用動向を予測する。

/tt/news/1804/10/news02.jpg
「メールを使う」なら選択肢は無数

脱「Outlook」なら検討したい、代表的な3つの代替製品/サービス

IT担当者がMicrosoft Outlookの代替製品を探すヒントは、そのユーザーが最も必要とする機能を考慮し、それらのニーズに最も適する電子メールクライアントを選択することだ。

/tt/news/1804/06/news04.jpg
「Microsoft Teams」「Cisco Spark」とは別の道を選ぶ

Slackが「音声通話」「ビデオ通話」機能をあえて強化しない理由

MicrosoftやCisco Systemsなどとの競争が激しさを増しているものの、チームコラボレーション市場で依然として支持を集めるSlack。その競争力の源泉に迫る。

/tt/news/1804/05/news05.jpg
機能と用途を探る

ビジネス向けチャットbotに何ができる? どう使う?

かつて「AOL Instant Messenger」などで人気を集めたチャットbotだが、今度は企業の業務用モバイルアプリで活躍の場を広げそうだ。

/tt/news/1804/05/news02.jpg
「次世代の教員」が知っておくべきこと【第2回】

「動画活用授業」を手軽に実現するWindowsアプリ、iOSアプリはこれだ

撮影や編集に手間が掛かり、難しいといった先入観から、動画活用に二の足を踏む教員は少なくないだろう。いち早く動画活用を進めてきた教員が薦める、手軽に使える動画活用支援アプリケーションを紹介する。

/tt/news/1804/04/news02.jpg
企業が求める「コンプライアンスと利便性の両立」

企業向けファイル同期/共有サービス選定の決定打は? 調査で分かった新潮流

エンタープライズ向けファイル同期/共有(EFSS)ツールが広範なコンテンツ管理やコラボレーション機能を組み込むようになり、その導入が拡大するにつれ、EFSSの市場が成長を続けている。

3 月

/tt/news/1803/27/news04.jpg
Appleもビジネスメッセージングに本腰

Googleが次世代メッセージサービス「RCS」で“打倒Facebook”に再挑戦か

Apple、Facebook、Googleが、企業とコンシューマーをつなぐメッセージサービスの投入を進めている。Googleを中心に、各社の動きを追う。

/tt/news/1803/23/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

だからiPhoneが好き IT担当者がほれ込む「ゼロタッチ」と「iOS 11」

モバイルデバイスの業務利用が一般的になってきた。iPhoneを好むデバイス管理者は少なくないが、どんな視点で評価しているのか。「この機能を捨ててまで他に移りたくない」とまで言わせるiPhoneの機能とは何だろうか。

/tt/news/1803/23/news06.jpg
「ChatOps」の主役になり得るか

GoogleのSlack競合チャットツール「Hangouts Chat」は“本家”に勝てるのか

一般向け提供が始まったGoogleのチャットツール「Hangouts Chat」。既に「Slack」をはじめとする競合ツールの普及が進んだ今、勝算はあるのか。

/tt/news/1803/21/news02.jpg
「ユニファイドコミュニケーション」(UC)製品も有効

似たような「コミュニケーションツール」の乱立、重複を解消する方法

複数の従業員が同じ目的のために、異なる種類やバージョンのコミュニケーションツールを利用していると、コラボレーションを阻害しかねない。状況を改善する手段とは。

/tt/news/1803/19/news05.jpg
通説を検証する

IoTについて誤解をしている5つのこと

IoTはB2Cのもの? たくさんの機器がつながるほど成果が出る? セキュリティが確保できないって本当? IoTにまつわる5つの通説を検証する。

/tt/news/1803/19/news03.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

古いExcelマクロとお別れをする方法、ヒントは「ECRSの原則」

古いExcelマクロが「先祖代々受け継がれた」と呼ばれるほど愛用され続けるケースがあります。しかしマクロの不具合をメンテナンスできないまま、現場の手作業でカバーすることには大きなリスクを伴います。

/tt/news/1803/16/news04.jpg
新たなリスクと向き合う

職場の音声アシスタントは恩恵か、盗聴器か セキュリティ対策を考える

音声アシスタントが企業ネットワークで普及し始めているが、企業データを保護するために、サイバーセキュリティ対策の取り組みをどのように適用すべきか。

/tt/news/1803/16/news02.jpg
社外ユーザーとつながるチームチャット

Microsoft Teamsが社外コラボ機能を拡大し誰でもアクセス可能に、Slackに対抗

社外とのコラボレーションにもチームチャットを使いたい企業が増えてきた。Microsoftはチームチャットアプリケーション「Microsoft Teams」のゲストアクセス機能を拡大し、「Slack」や「Cisco Spark」に対抗する。

/tt/news/1803/13/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Office 2019」の試したくなる新機能とWindows 10“だけ”サポートする理由

2018年後半にも登場する「Office 2019」にはどのような新機能が盛り込まれるのか。Windows 10しかサポートをしないといわれる注目スイート製品を解説する。

/tt/news/1803/09/news10.jpg
電源とWi-Fiだけで満足?

誰も使いたがらない会議室を「未来の会議室」に変える先進技術とは

最新鋭のコラボレーションツールを導入しても、従業員に使ってもらえなかったらもったいない。「会議室管理ツール」を併用して従業員の利便性を高めることの重要性に企業は気付きつつある。

/tt/news/1803/06/news03.jpg
多くのスタートアップが開発

電子メールも進化する 続々登場するSlack対抗機能とは

メッセージングアプリを使ったコラボレーションが注目される中、依然として大多数の企業が使っている電子メールを進化させようという動きもある。スタートアップが開発する新アプリとは。

/tt/news/1803/03/news01.jpg
Skype for Businessに取って代わる

Office 365ユーザーが「Microsoft Teams」を試すべき7つの理由

Microsoft「Office 365」の利用企業であれば、なるべく早く「Microsoft Teams」を試してほしい。

/tt/news/1803/01/news09.jpg
会議をデジタル化する

未来の会議室とは? デジタルホワイトボードやコラボアプリだけではない必須機能

ありふれた日常に思える会議もデジタルトランスフォーメーションのときを迎えている。会議のデジタル化では、高速ネットワーク接続や電源といった基本設備を参加者全員が使えるようにすることを忘れてはならない。

/tt/news/1803/02/news02.jpg
「不機嫌な職場」よりも「ご機嫌な職場」で

社員のストレスを軽減するユニークな福利厚生7選 電子メールや会議の廃止も

多くの人はストレスにさいなまれている。その主な理由は仕事への不安だ。従業員が幸せを感じて働き、転職しないようにするために、雇用者側が実施している福利厚生の対策を紹介する。

/tt/news/1803/01/news08.jpg
「Microsoft Excel」が長く愛される理由

人事部門こそ知りたい「Microsoft Excel」の価値、過小評価がもったいない12の魅力とは

「Microsoft Excel」は人事管理システムなど業務用アプリケーションの代替にはなれなくても、いざというときに役に立つ、無視できない利点がたくさんある。

2 月

/tt/news/1802/27/news04.jpg
音声制御による物流の自動化が可能に

「Alexa、荷物は今どこ?」 音声制御技術が変える物流業界の未来

物流業界において担当者は多くのシステムを使う必要があるが、その複雑性を音声制御技術が解消すると期待されている。

/tt/news/1802/16/news13.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Gmailの危険な「ダークサイド」、間違った使い方で誰でも被害者に

クラウド型メールサービスの筆頭といえるGoogleの「Gmail」。軽快で検索性に優れたGmailの人気は高く、業務利用している企業も少なくない。だがGmailは使い方を少し間違えただけでセキュリティ事故を引き起こすリスクを内包している。

/tt/news/1802/16/news12.jpg
企業のコンタクトセンターとiPhoneユーザーを簡単に接続

Apple「Business Chat」とは? iPhone/iPadのチャット新機能が注目される理由

Appleが企業向けチャット機能「Business Chat」をリリースする。このアプリが、企業のコンタクトセンターの役割を一変させるかもしれない理由とは何だろうか。

/tt/news/1802/15/news04.jpg
「パブリック共有チャンネル」との違いは

「Slack」の新機能「プライベート共有チャンネル」は何ができて、何ができない?

「Slack」は新機能の「プライベート共有チャンネル」で、組織の内外をまたぐコラボレーション機能の拡充を目指す。ただしツール間の相互運用性の課題は、まだ解決していない。

/tt/news/1802/13/news03.jpg
企業版振り込め詐欺「ビジネスメール詐欺」の脅威と対策【第3回】

国内でも高額被害 「ビジネスメール詐欺」(BEC)を食い止めるための対策とは?

国内でも日本航空(JAL)が約3億8000万円の被害を受けた「ビジネスメール詐欺」(BEC)。実害を防ぐために、企業はどのような対策を取ればよいのか。技術面、組織面の両面から探る。

/tt/news/1802/09/news07.jpg
チームコラボレーションツールとも悩む……

中堅企業で人気の「UCaaS」導入ステップ、多機能もしくは無料サービスから検討

中堅企業の間でクラウドのユニファイドコミュニケーション(UC)が人気を集めている。「UCaaS」ベンダーと企業は、導入展開の成功に向けて力を合わせなければならない。

/tt/news/1802/09/news06.jpg
市場動向からUC連動のヘッドセットまで

「ユニファイドコミュニケーション」2018年最新動向、成長はまだ続くのか

ビジネスの意思決定スピードを向上させるため、もしくは従業員同士のコラボレーションを促進するためにユニファイドコミュニケーションは欠かせない。最新の市場動向を見てみよう。

/tt/news/1802/09/news03.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

どうしてもExcelを使い続けたいなら覚えておきたい「3つの限界」

Excelは便利だから使い続けたいが、Excelでは限界を感じる局面もある――こうした迷いを持つ人は、「Excelの限界」を知っておくと、「脱Excel」に踏み切るべきか否かの判断に役立ちます。

/tt/news/1802/02/news05.jpg
まず社内のニーズを知ることから

社員に嫌われない「コラボレーションサービス」を正しく選ぶ7つの基準

企業向けコラボレーションサービスを評価する前に、まず社内のニーズを知ろう。サービスを選択する上で重要な基準となるのが、拡張性やセキュリティなどだ。

/tt/news/1802/01/news09.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

脱「Excel」「Word」なら検討したい、本当に使える代替製品/サービス

表計算ソフトといえば「Microsoft Excel」、ワードプロセッサソフトといえば「Microsoft Word」が現在は主流かもしれない。だが、企業でも利用できる堅実な代替製品は多くある。

/tt/news/1802/01/news02.jpg
複数のPBXが混在していても無問題

Skype for Business導入の障害になった意外な“レガシー”

英国のある労働組合は、合併を繰り返したため複数の電話システムが混在する状態にあった。Skype for Businessへの移行は困難が予想されたが、意外にもスムーズだったという。だが、問題は別にあった。

1 月

/tt/news/1801/26/news08.jpg
よりインテリジェントに

会議の議事録作成はもう不要、AIが変えるビジネスコミュニケーションの未来

ビジネスコミュニケーションは、AIやAPIなどの新興テクノロジーのおかげで、コンテキストに基づき、よりインテリジェントになってきている。コラボレーションツールは、これらの新たな傾向を取り入れている。

/tt/news/1801/24/news03.jpg
最適な製品の選び方

チームコラボツール10製品を徹底比較 Slack、Microsoft Teamsを超えるのは?

企業がチームコラボレーションツールを評価するときには、ツール導入の全プロセスを評価しなければならない。主要製品の機能を比較し、選択のポイントを解説する。

/tt/news/1801/26/news02.jpg
歯科医自身が「FileMaker」で構築

「全くの初心者だった」 歯科医が開発した補綴治療計画ツールに込める思い

恵愛歯科クリニックが「FileMaker Pro」で独自開発したソフトウェア「Owlview(アウルビュー)」。なぜ歯科用ソフトウェアを院長自身が開発したのか。工程や費用はどうだったのか。院長の杉原 新氏に聞いた。

/tt/news/1801/11/news04.jpg
仮想通貨だけじゃなかった

クレジット審査も「顔パス」に? ブロックチェーンの意外な使い道

企業や個人にとって身元確認情報、つまりIDの管理は難題だ。しかし、仮想通貨で話題のブロックチェーンがその簡素化に役立つという。

/tt/news/1801/11/news02.jpg
大手UCベンダーは、オンプレミス向けサービスを終了?

通話もファイル共有もチームチャットに統合 2018年コラボツール動向を予測する

2018年は、チームコラボレーションツールが主要なユーザーインタフェースとなることに注目だ。また、あるUCベンダーがオンプレミス環境でのサービス提供を終了する可能性がある。

/tt/news/1801/10/news03.jpg
TeamsやGroupsを使い分ける4つのヒント

「Office 365のコラボ機能が多過ぎる問題」が深刻化、何をどう使えばいい?

Microsoftの「Microsoft Office 365」には、「SharePoint」「Teams」「Groups」など共同作業のための機能が多数用意されている。本稿では、チームに最適な共有機能は何かその特定方法を紹介する。

/tt/news/1801/10/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

“Excel職人”が“神Excel”を生み出す 「職人かたぎ」と上手に付き合うヒント

研究熱心なExcel職人はなぜ生まれるのか。彼ら彼女らの熱意はなぜ加速するのか。その理由を考察しつつ、ビジネスでExcel職人にそのスキルを存分に振ってもらうためのヒントを探ります。

/tt/news/1801/09/news04.jpg
どちらを選ぶべきか

仮想ルーティングソフトvs. 物理ルーター 比較で見えてくる「強みと弱み」

仮想ルーティングソフトウェアは多くのメリットがあるが、セキュリティや接続に潜在的な課題があることを理解する必要がある。一方で、物理ルーターの方が優位性を発揮できる領域もある。

/tt/news/1801/04/news01.jpg
会員が注目した2017年記事ランキング(中堅・中小企業とIT編)

「Excel職人」「神Excel」問題は永久に不滅? 2017年に最も読まれたSMB向け記事は

2017年には「脱Excel」「働き方改革」「セキュリティ対策」に関する記事にTechTargetジャパン会員の関心が集まりました。中堅・中小企業向け記事のランキングからそれぞれの話題について紹介します。