TechTargetジャパン

技術文書
成熟したアジャイルで大規模チーム開発を次のステージへ
 アジャイルは一過性の流行ではない。アジャイルはかつて、同じ場所で作業する小規模なチームでのみのものと考えられていたが、最近では、それぞれの環境でアジャイルの導入を検討する大規模チームが増えてきた。しかし調査によれば、従業員 1 万人以上の企業を含む、88%...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アジャイル手法@エンタープライズ開発の課題を解決!実践バイブル無料版提供!
 アジャイル開発手法は、日本においてもじわじわと浸透しつつある。かつては、同じ場所で作業する小規模プロジェクトに適した手法と考えられていたが、最近では、ビジネスのスピードに対応するため、より大きな規模の開発プロジェクトにおいてもその適用が検討されるよう...(2013/3/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アジャイル開発手法「スクラム」が注目される理由
 ソフトウェア開発は、多くの知識を凝縮した極めて複雑な作業だ。このために、ソフトウェア開発においては、納期の大幅な遅延、開発費の大幅な予算超過が起こりがちである。 この困難を克服するために、ソフトウェアエンジニアリングにおいて、昔から多くの改善の努力が...(2012/1/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
企業レベルでのアジャイル開発を意識した、ハイブリッド型ソフトウェア開発フレームワーク
 アジャイルはかつて、同じ場所で作業する小規模なチームでのみ実行できるものと考えられていたが、最近では製品の品質やチームの効率、納期順守が改善したことで、それぞれの環境でアジャイル原則の導入を検討する大規模チームが増えてきている。また、主流のアジャイル...(2012/5/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ディシプリンド・アジャイル・デリバリー入門編
 このホワイト・ペーパーの概要は以下のとおりです。・IT デリバリー・プロジェクトの成功に関する一番の決定要因は人です。・Disciplined Agile Delivery(ディシプリンド・アジャイル・デリバリー)プロセスへの移行は、アジャイル戦略をより大規模へ向けてスケールアッ...(2011/11/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アジャイル開発にパフォーマンス検証をスムーズに統合するには
 パフォーマンステストは、アジャイル開発を含む全てのソフトウェア開発プロジェクトにとって必須の作業だ。最初のプランニングから本番環境の分析に至るまで、アプリケーションのパフォーマンスによって、ソフトウェアのイテレーションとリリースが向上するかどうかが決...(2014/1/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
真のアジャイル開発を実現するために越えなければならない壁
 ソフトウェアやアプリケーションのリリースサイクルが短くなる中で、開発部門はアジャイル開発手法に目を向けるようになった。しかし企業内でそれぞれの開発は独立して進められるため、CIOやPMO、アプリケーション担当VP、そして他の部門の担当者は現状を把握できない場...(2014/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
大規模開発でも失敗しない、“見落とされてきたアジャイル成功の要件”とは?
 システム要件の変更に柔軟に対応し、要求に忠実なシステムを、手戻りなく、効率的に作ることを狙ったアジャイル開発。だが現実には「いつまでも要求が収束しない」「短いスパンでテストが必要となり非効率」など否定的な見方も多い。特に大規模開発ではステークホルダー...(2013/4/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
アプリケーションのリリースを自動化してアジャイルなIT組織になるには
 新しいサービスを素早く本番へ移行できるようにする開発方法として、アジャイル開発を取り入れる企業が増えている。ソフトウェア開発を小さなサイクルまたはイテレーション(反復単位)で進めていくことで、ソフトウェア開発ライフサイクルを大幅に短縮するこの手法は...(2014/12/25 提供:CA Technologies)

講演資料
エンタープライズ・アジャイルによる開発手法の変革〜中電シーティーアイの挑戦〜
 激しく変化し続けるビジネス環境において、ユーザーが、「よりタイムリーに、より価値ある IT」を、情報システムに求める期待が増しています。従来型開発プロセスでは対処できないことは周知の事実であるものの、実際の改善には、エンタープライズ特有の多くの制約が存...(2013/10/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
中部電力の業務継続を支えるアジャイル 実証されたDevOps実践ツールの導入効果とは?
 さまざまな業務でITが利用されている今日、ITサービスなしに業務を進めることは難しい。しかし、従来のウォーターフォール型開発ではユーザーの要求に十分に応えられないケースは多いだろう。なぜなら、コストの抑止や開発期間の短縮に加えて、実際の運用に則したサービ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
巨大プロジェクトにもアジャイル開発を、失敗しないための勘所
 従来、システム開発はプロジェクトの最初に全ての要件、金額、契約を定めてから、計画に従って実行する「ウォーターフォール開発」が一般的だった。スケジュールやリソース配分では全体の見通しを立てやすく、特に大規模プロジェクトではこの方法が取られてきた。しかし...(2013/6/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
“アジャイル成功の仕組み(コラボレーション・ツール)”導入で得られる効果(ROI)とは?
 短いスパンで小規模なリリースを繰り返し、要件に忠実なシステムを効率的に作るアジャイル開発。だが、関係者間の密なコミュニケーションが難しくなる大規模開発には「アジャイルは向かない」といわれ続けてきた。 特に問題となるのが、要件と設計、ソースコード、テス...(2013/4/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
フィードバックループの管理によるアジャイル開発の実現
 ソフトウェア開発の現場では、開発方法の改善に頭を悩ませている。そんな中で多くの開発チームがアジャイル開発に取り組んでおり、アジャイル開発の手法群の中でも「チームとしての仕事に特化したフレームワーク」である「スクラム」を導入する組織が増えている。しかし...(2014/6/19 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
テスト&コード品質のための製品導入戦略ガイド
 ビジネスニーズに対応するため、アプリケーションのより迅速な開発の必要性が高まっている。こうした状況の中で品質を維持するためには、どうすればよいのか? 特に、アジャイル開発に従来のテスト手法は通用しない。 本製品導入ガイドでは、アジャイル開発時代に対応...(2014/11/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
アジャイル開発を阻むもの
 ビジネスプロセスの変化にアプリケーションを迅速に対応させる観点から、アジャイル開発の手法は採用が拡大してきた。しかしながら、アジャイル開発のアプローチを取ったにもかかわらず、想定したほどの効果を得られないケースも見受けられる。 その主な原因は、アジャ...(2012/7/17 提供:日本コンピュウェア株式会社)

講演資料
継続的インテグレーションからDevOpsへ 〜アジャイルと自動化の進化〜
 このセッションでは、米国IBMの DevOps エキスパートにより、それまでの経験から導き出されたDevOps 導入のポイントを解説。アジャイル・プロセスと継続的インテグレーションの進化を振り返り、その理解を深めることにより、ソリューションのより効果的な実践を行うこと...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
デジタル時代のプロジェクト管理製品導入戦略ガイド
 プロジェクト管理は常に頭痛の種であり、プロジェクトポートフォリオの可視性を保つことは優秀なCIOにとってもストレスが多い。 かつてほとんどの長期プロジェクトは、プロジェクト管理ソフトウェアがあればそれで十分だった。クリティカルパスの維持、計画の変更の位...(2015/9/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
旭硝子SAP on AWS事例が示す「メリハリ」とアジャイル的発想を持つクラウド運用とは
 巨大なインフラ基盤を全面的にクラウドサービスに移行するケースは、最近になってようやく出始めてきた。これまで、ERPなどの大規模システムを、稼働環境が変動するクラウド基盤に構築することは、リスクが高いと考えられてきたからだ。 実はSAPシステムは、業務の求め...(2015/6/24 提供:株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ)

レポート
Computer Weekly日本語版 8月21日号:PRISMスキャンダルで加速する脱・米国クラウド
 Computer Weekly日本語版 8月21日号は、以下の記事で構成されています。■英国労働・年金省主導のITプロジェクトでアジャイル開発が失敗した理由 英国政府が掲げるアジャイル開発。だが、労働・年金省主導のプロジェクトは失敗に終わった。なぜか?■PRISMスキャンダ...(2013/8/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
アジャイル開発時代の失敗しないアプリケーション機能テストガイド
 ソーシャルメディアを通じて新しいWeb体験をしたユーザーは、企業の提供するアプリケーションへの期待が高まっている。クラウドコンピューティング、Web 2.0、モバイル、および複合アプリケーションの導入……。現在の開発現場がこれら次々に生まれるテクノロジーやアー...(2013/9/19 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
コンテナ&マイクロサービス製品導入戦略ガイド
 コンテナとマイクロサービスは個別に導入できるモジュールで、これらを組み合わせてアジャイルで開発された柔軟性の高いアプリケーションを構築できる。 本稿ではそのアーキテクチャがどのように構成され、サプライヤーがそれをどう構築し、これを使う組織にとってどの...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
手戻りのない業務システム開発〜UIプロトタイピング開発によるフロントローディング手法の提案〜
 伝統的かつ現在でも主流を占めるシステム開発手法は、「要求定義」から始まり「運用テスト」までの工程が前工程の完了をもって次工程へ進む、ウォーターフォール型開発手法である。 ウォーターフォール型開発手法は、「開発工数が明確でSIer、顧客ともに進捗管理がしや...(2011/9/30 提供:アクシスソフト株式会社)

事例
ソフトウェア品質を50%改善させたDevOps実践ツール活用事例
 ECサイト運営やWebアプリケーションでのサービス/製品販売など、ビジネス成長の多くをテクノロジーに依存している企業は少なくない。世界最大規模の米保険・金融サービス企業であるNationwide Mutual Insuranceもそうした企業の1つであり、米国各地で勤務する5000人以...(2014/5/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
ソフト開発の管理負荷を増大させるテスト工程、効率化の余地はどこにある?
 近年、ソフトウェア開発の現場で管理のオーバーヘッド増大が問題となっている。市場や技術の変化が激しい中、大規模な開発でもアジャイルが当たり前となり、品質に対する要求も年々厳しくなっていることが背景にある。 このような厳しい環境で効率化を進める手段として...(2016/7/14 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
ITインフラコストを最大24%削減、統合運用管理サービスの実力を探る
 ITインフラストラクチャの規模が拡大する一方で、複雑化したシステムの運用管理に割くIT部門のスキル、リソース不足が問題となっている。アジャイルな開発環境が整っても、運用がシステム別、インフラ別でバラバラとなっていては、効率やスピード、品質は改善されず、 ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
ハイブリッドクラウドを使い倒す、Software DefinedとOpenStack
 現代のビジネス環境においては、ERPなどSoR(Systems of Record)と呼ばれる従来型のITと、インターネットやIoTから発生するデータを扱うSoE(Systems of Engagement)と呼ぶこれからのITの2つを、目的に応じて使い分ける必要がある。 そのためにも、従来型の物理環境...(2015/12/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドで勝ち抜くために、ネットワークが実行すべき4つのミッション
 ビジネスやサービスが次々にクラウドで展開される今、それを支えるネットワークでは4つのキーワードが重要になっている。「オープン」シームレスなインフラが必要であり、「インテリジェント」最適化が自動で行われ、「アジャイル」絶えず変化するニーズに応え、「セキ...(2015/12/9 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

Webキャスト
エンタープライズ向けの大規模開発プロジェクトにおいてアジャイルを適用するには
 本コンテンツでは、スクラム運営時に予算や期間の見積もり、コンプライアンスなど、エンタープライズ向けの大規模開発プロジェクトでの高い要求事項に対し解説をする。 さらに、「DevOps」をソフトウェアのデリバリーライフサイクル全体ととらえた場合,開発の前にビジ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading