TechTargetジャパン

レポート
エンドユーザーの経験に学ぶ、オールフラッシュをビジネスの成功につなげる方法
 オールフラッシュストレージの導入は順調に伸びているが、だからといって単純にその超高速I/O性能を説明しても、経営層を納得させることはできない。経営層はオールフラッシュストレージが、具体的にどんなビジネスメリットを生み出すのかを聞きたがっている。 高性能...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」
 IoTに代表されるビッグデータ活用、ビジネスインテリジェンスによるデータ分析などのビジネスニーズから、ストレージには多種多様なデータを高速処理できる性能が求められている。そこで、次世代ストレージとして注目されているのが「オールフラッシュストレージ」だ。(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説
 HDDの100倍以上のIOPS、フラッシュコントローラーレベルの機能向上による高信頼性、ペタバイトレベルまで対応する拡張性、4年間ならHDDよりTCO削減が可能など、さまざまな導入メリットを持つオールフラッシュストレージ。 数年前までは「オールフラッシュ=高額」と認...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
システム環境に合わせて選ぶオールフラッシュ、効率的な運用に向けた評価基準
 オールフラッシュストレージの導入では、アプリケーション環境ごとに製品の評価基準が異なる。例えばさまざまな業務システムインフラを共有する仮想環境では、統合的なデータ管理ができるかどうかがポイントになるし、ハイブリッドも含めたクラウド環境では、きめ細かな...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

事例
大日本印刷が生産管理システムのストレージを「オールフラッシュ」に刷新したわけ
 大日本印刷 ファインオプトロニクス事業部の情報化推進部第1グループは、同事業部が製造する半導体用フォトマスクの生産管理シスムを管理・運用している。2015年春、その生産管理システムを全面的に更新し、物理サーバ中心だったシステム構成をデータベースサーバを除い...(2015/9/1 提供:ヴァイオリン・メモリー株式会社)

製品資料
汎用型 vs. 仮想化特化型――同じオールフラッシュでもここまで違う
 オールフラッシュストレージはディスクストレージより高速なアクセスを実現でき、省電力や省スペースなど、数々のメリットをもたらす。そして、これまでは割高だった価格もついにハイエンドのディスクストレージと肩を並べつつあり、いよいよ本格的な普及が始まろうとし...(2016/11/11 提供:富士通株式会社)

製品資料
オールフラッシュストレージ導入ガイド――新米担当者の疑問もこれで解消
 近年、ストレージのパフォーマンス改善方法として注目されているオールフラッシュストレージだが、多くの担当者にとっては経験のないシステムである。価格が下がってきたことで導入を検討する企業が増えているが、導入後の運用を想定した製品選びをすることは思った以上...(2016/6/27 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
最新リサーチ:世界のクラウド事業者がオールフラッシュアレイでしようとしていること
 クラウドサービス事業者がオールフラッシュアレイにする理由は、マルチテナント環境での高可用性、ハイパフォーマンス、高い利益率が求められるからだ。豊富なAPIや高度な自動化、ポイント&クリック管理、スケールアウト、高いサービス品質「Quality of Service(QoS)...(2016/3/9 提供:SolidFire)

レポート
コントローラー性能で大きな差、検証で分かったDBに最適なオールフラッシュの条件
 データベース(DB)環境のボトルネックを解消する方法として、オールフラッシュストレージへの移行が進んでいる。しかし、一口にオールフラッシュといっても、複数のタイプがあり、どれがベストなのかは実際にOLTPを検証してみるまではなかなか分からない。 一般的にDB...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
従来のコストで10倍のパフォーマンス DB環境にオールフラッシュを選ぶべき理由
 近年、データベース(DB)環境におけるオールフラッシュストレージの導入が急速に進んでいる。その背景にはフラッシュデバイス自体の低価格化があるが、インライン処理によるデータの重複排除/圧縮機能の効果も見逃せない。 これらの機能改善と、オールフラッシュスト...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
オールフラッシュストレージの選び方 絶対に押さえたい「サプライヤーの評価項目」
 業務で扱うデータ量が急増し、ディスクストレージの性能に限界を感じた企業がオールフラッシュストレージの導入を進めている。もし自社でもオールフラッシュストレージの導入を検討しているのであれば、IT部門の決裁者は「全てのオールフラッシュストレージソリューショ...(2015/9/1 提供:ヴァイオリン・メモリー株式会社)

Webキャスト
楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」
 設立から20年を迎えた楽天。そのプライベートクラウドは、一部を除いて仮想化され、物理ホストは900台以上、仮想マシンも2万7000を超えている。オールフラッシュの導入が開始されたのは2013年で、現在では12アレイが稼働しているという。 本Webキャストでは、この楽天...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない
 ストレージの選定において「性能」「機能」「価格」の3要素は、どのユーザーも必ず比較するところだ。ただし、それぞれの要求水準はストレージの使い方によって異なってくる。 例えば、本番環境のプライマリストレージとしてはオールフラッシュが本命といえるが、バッ...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly ハイブリッドフラッシュ vs. オールフラッシュ
 SSDの価格が低下してきたとはいえ、まだまだHDDよりは高価。SSDとHDDを組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイか、全てSDDで構成したオールフラッシュアレイか。目的に応じてコストと性能のバランスを取ることが重要だ。本PDFでは、選択のヒントを提供する。 本PDF...(2016/1/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
医療機関向け「オールフラッシュストレージシステム」が注目される理由
 高機能なSSDの価格低下を背景に、オールフラッシュストレージシステムが注目されている。ストレージは迅速なデータアクセス最大のボトルネックであり、増加するデータの管理の点からも、常にコスト低減が求められる。オールフラッシュストレージはその解決策として期待...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

事例
バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果
 ITソリューションビジネスを展開するBSNアイネットでは、IaaS、DaaS、SaaSなどの幅広いクラウドサービスを提供している。毎年2桁以上の高成長を続ける一方で、その課題となっていたのが高負荷環境でのスループット低下だった。ストレージI/Oがボトルネックになっていた...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
他社はどう使ってる? 9社の事例から読み解くオールフラッシュストレージ活用術
 ストレージの記憶媒体としてSSDを用いる製品は従来もあった。しかし利用頻度の高い一部のデータの保存にとどまり、従来のHDDと併用するケースがほとんどだった。だがSSDの容量当たりの単価が低下するなどの条件が整い、従来のHDDを全てSSDに置き換えた「オールフラッシ...(2015/3/11 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
Yahoo! Japanが200以上の重要データベースをオールフラッシュに移行
 ストレージの入出力性能は大規模システムほどボトルネックになりがちな要素だ。そこで登場するのがオールフラッシュストレージである。原理上、高速性のみならず、故障しにくさ、省スペース、低発熱などメリットが多い。 かつては容量当たりの価格がディスクよりも高か...(2017/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
ストレージ選びの新常識――オールフラッシュの能力を引き出す最適化とは
 ビジネスの変化を加速させるストレージ基盤に、オールフラッシュアレイを選ぶ企業が増えている。しかし、ドライブ性能が向上したことで、ストレージのコントローラーが新たなボトルネックとなる点や、書き込み回数の上限があるため、無駄な書き込みを削減する必要がある...(2016/5/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか?
 オールフラッシュストレージのことを「SSDだけで構築したストレージ基盤」と考えている人は少なくない。しかし、クラウドとビッグデータの活用が進み、ストレージの重要性が高まっている今、その理解を正確なものとしなければならない。そのためには、SSDがフラッシュス...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
400GバイトSSD48台構成で25万6000IOPS達成、オールフラッシュストレージの実力検証
 ESGの調査によると、IT担当者がインフラ対応で苦労する上位項目に「データの急増」と「データベースサイズの管理」が挙げられている。IT業務のROI改善の方法としてデータベースの統合が進められているが、そこで重要なのがパフォーマンスの向上だ。オールフラッシュスト...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

事例
ユーザーも実感したバッチ処理時間の短縮、オールフラッシュストレージの効果
 あらゆる分野でデータが大容量化し、サーバにかかるオンライン処理やバッチ処理などの負荷が上昇を続けている。そのため、この影響がユーザー体験に直結するクラウドサービス事業者を中心にストレージ基盤の刷新が進んでいる。 クラウドサービス「iNET IMAGE BANK」を...(2016/5/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
HDDの20倍の応答速度? データから読み解くオールフラッシュストレージ入門
 多くの企業にとって、業務処理のスピード化をもたらすシステム高速化は、ビジネスに直結した企業課題である。その高速化に欠かせない技術として注目が集まるフラッシュストレージは、高速なデータ転送性が評価される一方、堅牢で効果的なデータ保護、シームレスな拡張性...(2015/10/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
DRAMより10分の1安く、ディスクより10倍速い、オールフラッシュストレージの実力
 ソリッドステートストレージの容量当たりの価格が下がるにつれて、企業のIT部門にメリットをもたらす。しかし、フラッシュストレージの真の価値は、Tバイト当たりのコスト計算だけで決まるものではない。 フラッシュストレージへの統合はあらゆるエンタープライズアプ...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
基幹システムのTCOを削減、スケールアウト型オールフラッシュ製品の選び方
 オールフラッシュストレージ製品の選定では、用途に応じたチェックポイントが幾つかある。例えば基幹システムやビッグデータ分析などに活用する場合は、フラッシュに最適化され、スケールアウト型として確固たる実績を持つ製品が望ましい。 一貫して安定したレスポンス...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

事例
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方
 クラウドサービスが普及し、ビッグデータやIoTの活用も進むなか、旧来のシステムリソースに限界が見え始めている。特にストレージは、今後のビジネスの成長を支える基盤となるだけに、多くの企業がビジネスの成長に対応するための製品選びに頭を悩ませている。 自然災...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
2大オールフラッシュ徹底比較:大規模な混在ワークロード環境に適した製品は?
 オールフラッシュストレージを導入検討する際の製品評価は、アプリケーションの要件に基づいて行うことを推奨したい。そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュストレージ「Pure Storage FlashArray」と「NetApp SolidFire」のアーキテクチャ要素を比較し、それぞれ...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
コスパ重視のオールフラッシュストレージ選び、低予算でも手に入る10のメリット
 これまで高性能で高価格というイメージを持たれていたフラッシュストレージだが、ここ数年で低価格化が大きく進み、コストパフォーマンスの面でもHDDに対して優位性を発揮するようになってきた。それに伴い、エントリークラスからミドルクラスのオールフラッシュ製品の...(2016/7/12 提供:EMCジャパン株式会社)

Webキャスト
ベンチマークでも実証――オールフラッシュストレージに求める速さと機能
 より瞬敏なビジネスを目指してシステムは高速化し、データ量は増大し続けている。ストレージも例外ではなく、時代はオールフラッシュに移ってきている。しかし、従来活用してきた機能、バックアップやクローン、インライン重複排除やマルチテナントなどの機能が不要にな...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
オールフラッシュ性能評価:デスクトップ/サーバ仮想化環境向け製品の実力は?
 近年、多くの企業がIT優先課題の1つとして仮想化テクノロジーの導入に取り組んでいる。しかし、デスクトップ/アプリケーション仮想化の導入は、データセンターに特に複雑で要求の多いストレージワークロードをもたらす可能性がある。 また、企業が扱うデータの増大と...(2016/12/15 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

Loading