TechTargetジャパン

製品資料
Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上
 Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドストレージ「Amazon S3」の登場は、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策の面でもクラウド活用を促進している。そのメリットは、可用性の高さだけにとどまらない。 既に多くの企業がAmazon S3をバックアップストレー...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方
 オブジェクトストレージは、NASのようにデータを階層で管理するのではなく、全てのデータをフラットに扱う。長いパスをたどらなくてもすぐに目的のデータを取り出せるため、大容量データの格納先に適している。既に数々のサービスや製品が展開されており、「150ペタバイ...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
急増するデータに高性能はいらない? 低予算時代に選びたい多目的ストレージ
 オフィスツールの高性能化とモバイル化、IoT/ビッグデータ/AI活用の進展、さらにはDR(災害復旧)に対する意識の高まりなどによって、企業の扱うデータ量は増える一方だ。しかし、それに対応できる十分な予算が用意されることはほとんどない。 この課題を解決するた...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

事例
社内システムの遠隔地バックアップ体制構築 クラウドストレージ活用時の注意点
 情報系インフラのワンストップ提供を強みとするシステムインテグレーター 日本ビジネスシステムズ。同社は事業継続計画の一環として、重要システムのデータをテープにバックアップし、4週間に一度の頻度で外部倉庫に保管していた。しかし、その倉庫はオフィスに近いため...(2013/8/5 提供:CA Technologies)

製品資料
増え続ける企業内データの格納先に「ハイブリッド クラウドNAS」という選択肢
 紙の文書のスキャンデータ、Officeソフトで作成した文書ファイル、Webコンテンツ、音声、動画ファイルなど、増え続ける企業内の「非構造化データ」の格納先としてNAS導入が進んでおり、NASの形態も、従来のオンプレミス以外にAmazon S3をはじめとするクラウドストレージ...(2015/5/13 提供:テクマトリックス株式会社)

レポート
クラウドストレージの基礎知識
 代表的なクラウドストレージサービス、Amazon S3は2012年6月、1兆個を超えるオブジェクト数をストレージしていることを発表した。  日本においても、多種多様で膨大なデータを迅速に「書き込み」、「保存し」、「読み出す」というビッグデータに対応できるクラウドス...(2012/7/17 提供:クラウディアン株式会社)

カタログ
Cloudianの採用事例 (「ニフティクラウドストレージ」)
ニフティはニフティクラウドのラインアップとして、2011年秋より「ニフティクラウドストレージ」をスタート。この導入に先立ちニフティでは、(1)クラウドストレージの事実上の標準であるAmazon S3 APIに準拠(2)低廉なGB単価を実現するため、高価なストレージ装...(2012/7/16 提供:登録ミスコンテンツ管理用)

Loading