TechTargetジャパン

事例
300万ユーザーを抱える国内通信キャリアのスパム対策はどのように行われているのか?
 300万ユーザーを抱える某国内通信キャリアでは、スパム対策に使用していた既存製品の老朽化を機に、新しいスパム遮断システムの導入を検討することになった。 通信キャリアにとって、ユーザーに提供するメールシステムが止まらないことは大前提である。また、300万ユー...(2014/3/6 提供:ダウジャパン株式会社)

製品資料
50%のコスト削減は可能か? スパム対策製品比較と事例集
 企業は、3年から5、6年周期でさまざまなITシステムのリプレースを繰り返し実施している。ハードウェアはもとより、ソフトウェアのリプレースが必要になることも多く、そのコストは企業にとって大きな課題だ。 また、製品自体の価格だけでなく、従来よりも運用効率を向...(2014/1/14 提供:ダウジャパン株式会社)

製品資料
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくないのではないだろうか? また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレー...(2013/12/5 提供:ダウジャパン株式会社)

製品資料
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくない。また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレースを考えている企業も...(2014/2/5 提供:ダウジャパン株式会社)

技術文書
スパム対策最前線
 さまざまなサービス(通信プロトコル)上でスパムが目立ち始めている。スパムが手を伸ばしている領域は年々増えつつあることを理解し、防御策の最前線を知っておくことがスパム対策の最善策といえる。 この電子ブックレットでは、近年増え続けるスパムの傾向と対策を考...(2008/6/9 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:100〜300台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:30〜50台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
進化した電子メールのセキュリティ、3つの対策を徹底解説
 電子メールは、情報交換において最も浸透しているインフラだ。ウイルスやスパムなど脅威の進化とともに、電子メールのセキュリティ対策も強化されてきた。昨今の標的型攻撃や、クラウド、仮想化など新しいテクノロジーの浸透とともに、メールセキュリティも日々進化を続...(2014/10/3 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
スパム対策を確実に行うポイント
スパム検出の精度を向上させるためには、導入後の微調整などの運用がどうしても必要になる。その運用方法をMcAfee SCM Applianceを例にご紹介2005年より発行している「McAfee Technical Newsletter」から、スパム関連の動向、課題、そして運用・管理といった、管理者がま...(2006/2/10 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
アイテック阪神様、スパムメール対策アプライアンス導入事例
スパム対策製品を選定するにあたり、4社の製品を比較した。なぜ、IronPortが採用されたのか?プロバイダ事業に注力するアイテック阪神、先進的なネットワーク体制を整えている沖縄国際大学、共に悪質化し続けるスパムメールへの対策として、IronPortを導入した。今回、な...(2006/10/11 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

技術文書
“標的型トロイの木馬” ── サイバー脅威の新たな手口
 多くのIT担当者が“トロイの木馬”という攻撃の手法については認知しているが、「ユーザーは賢いので、メールが偽である場合はわかる」または「すでに適切なスパム対策がとられている」と考えている可能性が多い。 しかし最新の“標的型トロイの木馬”は実に巧妙化して...(2012/9/6 提供:シマンテックドットクラウド)

事例
IT化率トップクラスの藤沢市役所が最終的に選んだスパム対策
 情報化の先進的自治体である藤沢市役所は、職員個人へのメールアドレス付与をきっかけに、急増したスパム対策に本格的に乗り出した。国内におけるスパム対策市場が確立し、各社のスパム検出率もほぼ同等と考えられる今日、メールセキュリティゲートウェイにはセキュリテ...(2008/4/15 提供:ミラポイントジャパン株式会社)

事例
一橋大学が採用したスパム対策も安心のメールセキュリティ
 学内に情報システムの整備・運用・管理を担う情報システム部門を持つ一橋大学では、2009年度に事務情報システムの大規模な編成を行った。その際、事務職員500人分の事務用メール基盤として、ミラポイントのメールセキュリティアプライアンス「Mirapoint RazorGate」を採...(2011/2/28 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

講演資料
今求められるセキュリティ対策とは?〜情報セキュリティプラットフォームの構築〜
 多発する標的型攻撃、情報漏えい事件・事故などからわかるように、企業に対する攻撃の手法の急速な変化、また内部・外部からの様々な原因からの漏えいなど、新たな脅威が予想のつかない状況で発生しています。サイバー空間の急速な広がりにより、これまでのウイルス対策...(2011/12/26 提供:株式会社シマンテック)

事例
スパム到来後2年が経過〜既存スパム対策製品の見直しの必要性〜
スパム元年とされる2005年から早2年。この新たな脅威への十分な理解が無いまま、何かしらのスパム対策を施した企業も多かっただろう。 今、2年が経過し、スパムも進化を遂げ、気が付けば既存製品を見直す時期となった。1年以上もの月日をかけて横浜ゴムが行ったスパム対...(2007/4/11 提供:ミラポイントジャパン株式会社)

技術文書
再考する、2011年メールセキュリティシステム5つの課題
 企業にウイルス/スパイウェア対策、スパム対策等、メールセキュリティ対策が浸透したいま、メールセキュリティの新たなトピックはシステム運用上、情報漏えい防止、アーカイブ、暗号化、誤送信防止等になりつつある。これらのトピックが何故企業メールセキュリティに必...(2011/9/16 提供:株式会社コンピュータシステムエンジニアリング)

レポート
ESG Lab レビュー シマンテック アンチスパムの有効性
 Enterprise Strategy Group(ESG)は、テクノロジーベンダー、ITプロフェッショナル、ベンチャー企業、投資家を対象に戦略ガイド、サービスを提供する分析・調査機関だ。 ESGは、Symantec Mail Securityエンジニアリングに参加し、スパム対策プロセスの確認と、リアルタ...(2007/8/1 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
最新のスパム攻撃とその対策 〜Symantec Mail Security〜
 横行するスパムの種類は変質している。どのようなスパムが増加しているのか? 2007年11月に行った調査から分かったメールセキュリティの最新動向と課題について解説する。 さらに、スパム対策の秘訣として「Symantec Mail Security」を紹介する。統合されたスパム対策...(2007/12/19 提供:株式会社シマンテック)

レポート
【システム担当必読】電子メールはWebセキュリティの落とし穴!あなたのメールを盗聴から守るには
 電子メールを安全に利用するには、電子メールの送信から受信までの各ポイントにおいて、包括的な対策が必要だ。 電子メールのセキュリティ対策には、電子メールの暗号化などによる誤送信時の情報漏えい防止、盗聴防止と、コンピュータウィルスやスパム型攻撃からメール...(2010/7/12 提供:日本ベリサイン株式会社)

レポート
スパム対策よりも深刻!メール管理者を悩ますストレージ肥大化、その根本的解決策は?
 メールを始めとしたメッセージング分野の市場調査・コンサルティングで著名な米Osterman Researchが行った調査において、メールシステム運用に関する驚くべき結果が明らかとなった。 1つ目は、企業におけるメールサーバのストレージ容量が年間30%のペースで肥大化して...(2008/12/8 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

レポート
大手SIerは何故メール配信システムに HDEのメールアプリケーションを選ぶのか?
「HDE Mail Application Server #Delivery」はエンタープライズ向けメール配信システムパッケージであり、携帯キャリアへの高速配信や、One to Oneマーケティングを実現する機能、さらに昨今注目されているスパム対策やメール保存機能への対応など、企業が必要とするメー...(2009/8/20 提供:株式会社HDE)

事例
月200万通のメール量を高速処理するウイルス/スパム対策アプライアンス
 ネットワークインテグレーションとサポートサービスのソリューションベンダーであるネットマークスは、SaaS型コミュニケーションサービス「Office Planet」を2008年3月に開始した。電子メールのほかにスケジュール管理や文書管理などもWebブラウザで利用できるOffice Pl...(2008/9/1 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

製品資料
添付ファイルの情報漏えいを防げ! “ユーザー任せ”はさようなら
 誤送信や添付ファイルなどのメール経由の情報漏えいは、たとえ「うっかりミス」でも場合によっては企業の存続にかかわる重大なインシデントになる可能性がある。 「添付ファイルはパスワード化する」といったセキュリティポリシーを策定している企業は多い。しかし、そ...(2009/4/15 提供:株式会社TOKAIコミュニケーションズ)

製品資料
●電子メール環境がビジネスを左右する●進化するスパム対策とメールアーカイブの解決策
 迷惑メールによって国内企業が受けている損失は、年間約7000億円もに達しているという。迷惑メールをブロックし、必要なメールだけを受け取るようにするための対策は重要だが、万一のトラブル発生時、メールシステムを止めずに運用可能であることも必要不可欠な要素とな...(2008/2/1 提供:株式会社テラステクノロジー)

技術文書
トレンドマイクロのスパム対策 ホワイトペーパー
 トレンドマイクロのスパムメール対策は第3者機関での検証において、スパムメール検出率 No.1(*1)が立証されました。 検証結果には、革新的な技術を開発することでスパムメールの攻撃手法の変化に対抗し、スパムメール送信者に先を越されないためのトレンドマイクロ...(2007/10/23 提供:トレンドマイクロ株式会社)

講演資料
内部統制時代のメールサーバ管理/運用のポイント
 日本版SOX法や新会社法に準じた内部統制を検討する上で欠かせないものの1つがメールセキュリティ対策だ。内部統制に対応するためにはメールの保存や管理、ウイルスやスパム対策、情報漏えい対策などはもちろん、監査への対応も必須となる。 このホワイトペーパーでは...(2008/5/15 提供:株式会社HDE)

技術文書
間違いのないスパムフィルター選び 〜導入前のテスト方法と留意点
 スパムメール増加による被害は、ISPや大手企業はもちろん一般企業でも深刻だ。スパム対策を講じるに当たって、ウイルスフィルターと比べるとスパムフィルター技術は多種多様であり、ソリューションを選択する技術者は各技術の有効性や長所、欠点などの情報を十分に得る...(2008/2/25 提供:センドメール株式会社)

製品資料
McAfee SGA Appliance のご紹介
McAfee SGA Applianceは、企業のネットワークの出入り口でのウイルス対策、スパム対策という非常に重要な課題に対応する、HTTP / FTP / SMTP / POP に対応したハードウェア/ソフトウェア一体型のアプライアンス製品です。更に、スパイウェア、フィッシング、URLフィルタリ...(2007/5/23 提供:テクマトリックス株式会社)

レポート
実証!スパムフィルタ選定の必須条件。誤検出防止の精度と、ブロック率はこんなに違う。
サーバが悲鳴を上げるほどの膨大なスパムメール。中途半端なフィルタリングはもはやまったく意味がない。真に有効なスパム対策を講じるために、ISPや企業は何を基準にどのようにスパムフィルタを選ぶべきか。独自の「コラボレーション型」の仕組みで、世界160ヶ国以上の信...(2007/2/9 提供:センドメール株式会社)

Loading