TechTargetジャパン

レポート
「ベアメタルクラウド」と「仮想サーバ」をガチンコ比較、どちらが買いか?
 ベアメタルサーバ(物理サーバ)をクラウドサービス事業者が提供する――。仮想サーバの利用が前提かのように捉えられてきたクラウドの世界が、大きく変わりつつある。その変化の急先鋒に立つのが、仮想サーバを採用する従来のクラウドと同様の使い勝手でベアメタルサー...(2015/10/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
AWSと比較して5倍のパフォーマンス 「ベアメタルクラウド」がクラウド活用に革新を起こす
 ベアメタル型アプリプラットフォームは、物理サーバをクラウドのように利用できるサービスのため、仮想環境においてしばしば問題となるオーバーヘッドは起こらず、複数の仮想サーバの競合によってネットワーク性能やストレージI/O性能が低下してしまうといった弊害を避...(2014/9/5 提供:株式会社リンク)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?
 Computer Weekly日本語版 10月22日号は、以下の記事で構成されています。■Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM Windows Server 2003のサポート終了でサーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに...(2014/10/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ビットアイル・エクイニクスのベアメタル型IaaSを支える新サーバの付加価値とは?
 サーバ・ネットワーク機器レンタルサービスやクラウドサービスを提供するビットアイル・エクイニクス(旧ビットアイル)。2009年にスタートしたクラウドサービスが好調で、年率20%という成長を続ける同社だが、2015年にサーバ環境を刷新し、さらなる付加価値の向上を目...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
IaaSベンダーが明かす「ベアメタルのパワーを最大化するサーバの選び方」
 Bigstepはビッグデータ分析サービスを提供する欧州拠点のクラウドプロバイダーである。クラウドサービスの価格競争が激化する中、「価格性能比」を武器に競争力を高めている。 ビッグデータ分析に特化した高性能のベアメタルソリューションを展開する同社は、パフォー...(2015/11/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
VDI構築時にユーザー側で確認すべき、セキュリティ対策「3つのポイント」
 VDI環境を「SoftLayer」上で構築する場合のセキュリティ対策として、3つの観点で確認が必要だ。 1つ目は、セキュリティ対策の責任範囲の理解である。サーバ、ストレージ、ネットワークなどはSoftLayer側の管理に任せることができても、アプリケーション、データ、OSな...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
SoftLayerとBluemixが提示する“クラウドサービスの理想形”
 企業システムの課題は、運用管理コストの低減だけではない。ビジネスニーズに対応するシステムを万全な形で迅速に構築するという課題も長年指摘されてきた。そしてクラウドサービスが進化するにつれ、多くの企業ユーザーはクラウドに対し、コスト低減だけでなく「必要な...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢
 企業におけるクラウドの適用範囲は、かつてオンプレミスが当然とされていたようなERPにまで広がっている。代表的な製品であるSAP ERPもクラウドで利用されるようになってきているが、ERPをクラウドに移行する際の課題や、クラウド固有の制約に悩むユーザーも多いだろう...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2016/11/22 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
IBMの「SoftLayer」と「Bluemix」がAWSの強力なライバルとなる理由
 米IBMと米Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティングにおける覇権争いが続いている。 IBMのIaaS「IBM SoftLayer」は、ベアメタルクラウドのパフォーマンスや低価格のネットワーク使用料、無料のサポートを強みに「Amazon Web Services」(AWS)の顧客を取り込も...(2015/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める
 EUC(End User Computing)は、場所にとらわれない働き方やBYODを可能にし、生産性を向上する手法として、多くの企業が取り組んでいる。一方で、VDI環境をはじめ相応のインフラ整備が必要であり、単に導入しただけではIT部門の作業時間が運用トラブルに浪費されかねない...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
「SoftLayer東京データセンター」が国内企業にもたらすメリットとは?
 IBMが12億ドルを投じて世界15カ所に設置予定である「IBM SoftLayer」のデータセンター。その6番目に当たる「SoftLayer東京データセンター」が2014年12月にオープンした。同センターは、他のSoftLayerデータセンターと同じ構成で配置されており、ラックの塊からなる「ポ...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
中小規模システム環境のための、簡単バックアップ&リカバリ手順書
 事業継続を考える上で、データのバックアップと復旧は非常に重要な要素だ。しかしIT部門のリソースを多く割けない中堅・中小企業にとって、迅速かつ確実なディザスタリカバリはハードルの高い作業だ。 この資料は、イメージバックアップソフト「CA ARCserve D2D r16.5 ...(2014/3/10 提供:CA Technologies)

技術文書
ハイパーコンバージドに苦手な処理はあるのか? 主要ワークロードで徹底検証
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にはクラウドのような柔軟性や拡張性、シンプル性など多くの魅力があるが、苦手な処理への懸念もある。例えば、サーバとストレージリソースの両方を使用するトランザクション中心のアプリケーションでは、パフォーマンスが不安定に...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
コンポーザブル・インフラで「Infrastructure as Code」を実現するには?
 「コンポーザブル・インフラストラクチャ」という言葉は2015年頃から広まりつつあるが、これがなぜ自社のデータセンターに必要かを理解しているITプロフェッショナルはまだ多くない。 ただし、DevOpsの実践に注力している一部のIT管理者にとっては、コンポーザブル・イ...(2017/7/5 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

講演資料
デジタル変革を阻害する「ハイブリッドITの複雑化」を解消するには?
 近年、注目される「デジタルトランスフォーメーション」の取り組みでは、非常に複雑化した従来型アプリケーションや、極度に分散されたクラウド対応アプリケーションが課題となっている。これまで進めてきたハイブリッドIT環境は、複雑になりすぎて、いまではイノベーシ...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は
 システム障害やサイバー攻撃などのリスクへの備えとして不可欠なバックアップ環境。近年、導入が進むハイパーコンバージドインフラでは、特に慎重な製品選びが求められる。そのため、バックアップ時間、仮想マシンの保護、ライセンスコストなどについて総合的に判断する...(2017/7/31 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
一気に学ぶLinuxコンテナ――仮想マシンとの違いと具体的なメリット
 LinuxコンテナとDockerにより、アプリケーションの構築や提供、デプロイ、インスタンス化の方法が根本的に変わってしまった。コンテナは仮想マシンのように利用できるうえ、ずっとシンプルな構成であるコンテナは切り出してからすぐに使えるため、多くの企業で利用され...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

比較資料
気になるAWSとの比較レポート――クラウドサービス ベンチマークテスト
 パブリッククラウドはさまざまなプロバイダーから提供され、そのプランやサービス内容もそれぞれ異なっている。例えばIaaSは、インフラリソースのみを提供するシンプルなメニューでありながら、プロセッサ、メモリ、ネットワークなどで違いが生まれる。さらに基盤となる...(2017/2/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
徹底特集:5つの特徴からベンチマーク、事例まで「SoftLayer」の全てが分かる
 IBMのクラウドサービスに新たに「SoftLayer」が加わった。日本ではまだ知名度は高くないが、米国ではAmazon、Rackspaceと並ぶ高性能クラウドで、他のサービスと差別化する大きな特徴を5つ備えている。 SoftLayerは、世界に13のデータセンターと19のアクセスポイントを...(2014/5/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想ファイアウォール」の役割
 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN:Software Defined Network)およびネットワーク機能仮想化(NFV)の導入においては、通信事業者グレードの高度な要件への適合の基準となる、広く普及した業界ベンチマークが存在しないという課題がある。そうした現状でインテルが...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想プロバイダーエッジルーター」の役割
 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN:Software Defined Network)およびネットワーク機能仮想化(NFV)の導入においては、通信事業者グレードの高度な要件への適合の基準となる、広く普及した業界ベンチマークが存在しないという課題がある。そうした現状でインテルが...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は?
 Facebook、Google、Microsoftなどとの激しい競争によって、通信サービスプロバイダー(CoSP)は値下げ圧力にさらされている。場所や時間を問わないテレフォニーやメッセージングのサービスを従来の料金に比べてはるかに低い価格で提供しなければならない。また、コスト...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説
 データセンター運用において頭が痛いインフラの複雑化。運用・保守を考えれば、データセンターの構成をシンプルにし、コストやスキルを要求されるSANなしに構築できることが望ましい。 そこで注目されるのが、仮想化環境の最適化や容易なリソース拡張が可能なラックマ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

講演資料
仮想デスクトップ導入前に確認しておきたい「パブリッククラウドの選び方」
 標的型攻撃の手口はますます巧妙化し、対策ソフトが検出できない「未知のマルウェア」を想定したセキュリティ対策が求められるようになった。この状況を背景に、業務用端末をインターネットから分離しつつセキュアブラウジングを実現できる仮想デスクトップの導入が進ん...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading