TechTargetジャパン

技術文書
産業機器メーカーの戦略的BOM活用 〜超軽量3D(XVL)を活用した部品標準化の実践〜
 既に成熟期に入り、ベンダー間の差が無くなってきたBOMを、XVLと緊密に融合させることで、リ・インベンション(再発明)したのだ。この背景には我々の狙いがある。BOMを単に設計付帯工数削減や成果物管理のツールに留めておくのではなく、ダイレクトに経営に資するもの...(2013/7/8 提供:株式会社図研)

技術文書
進化したBOM “Basis Of Monozukuri”
 今日、もはや単なる現状業務の効率化だけを目的としたIT投資では、激烈なグローバル市場で競合に対抗できる製品競争力獲得は絶対にできない。プロセス革新を下支えするITを上手に活用して、組織生産性を強化することこそが、唯一の道ではないだろうか。 そのためには...(2012/6/1 提供:株式会社図研)

技術文書
なぜモノづくりシステムのROIはよくないのか?5つの理由
 PLMは、億単位のプロジェクトが組まれることもよくあるERPやSCMシステムに匹敵する基幹システムだ。そのようなシステムがなぜうまく活用されていないのだろうか? PLMシステムの活用度合いを「本来あるべき姿」まで持っていくことで、日本の製造業はもっと効率化が進む...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
PTC Windchill 導入で、プロセス全体で部品表情報の共有、生産コスト、期間の合理的な判断を実現可能に
今回ご紹介するのは、設計開発業務のグローバル化を目標に、PTC の製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションを導入されている株式会社瑞光様の事例です。経営者目線での「経営課題」や「導入経緯」などの内容も盛り込んでおりますので、是非一度ご参照ください。(2013/11/1 提供:PTC ジャパン株式会社)

製品資料
統合BOM環境とPLMの目指すべき姿
 グローバル市場で収益の極大化を目指す製造業企業にとって、今後はますますどんな製品を、どの部門が、どの拠点で、どのように設計、製造するのがベストなのか、いつ市場投入すればよいのか(もしくはいつ終息するべきか)、製品開発に関わる様々な意思決定を、製品開発...(2009/5/29 提供:株式会社図研)

技術文書
14,000社が選んだERP。製造業ユーザーに支持される機能を詳細解説。
本ホワイトペーパーでは、Microsoft Dynamics AXの・生産管理機能・マスタ階層・部品表/フォーミュラなど製造業ユーザーに支持されている生産管理の各機能についてわかりやすく解説する。(2011/3/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

カタログ
【非掲載】【事例】3次元CAD設計情報と全社共有システムをどう結び付けるか――開発スピート向上の成功事例から
【事例概要】設計部門の3次元データを管理するPDMと、正式図面やBOMなどを全社レベルで管理するPLMを連携することにより、3次元データによる全社一気通貫システムを構築。【導入メリット】設計業務の効率化、開発スピードの向上、コンカレントエンジニアリングの推進【対...(2011/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ドキュメント管理だけではない、製造業の戦略ツールとしてのPLMの姿とは?
競争が激化する現代のグローバル・マーケットでは、企業はより効率的に製品を開発し、販売していかなければならない。そのためには、一部のドキュメントだけでなく、「製品ライフサイクル」全体にわたる管理システムと、それによる「見える化」が求められている。「生産性...(2009/12/17 提供:シーメンスPLMソフトウェア)

技術文書
実用的な低消費電力CPLDデザイン
 CPLDをうまく活用すれば、組み込み機器の消費電力とPCBスペース、およびBOMコストを低減することが可能だ。本稿ではまず、これらの低減効果を得るためのCPLDの一般的な使用方法をおさらいする。次に、CPLDの待機時の消費電力を最小限に抑える手法を紹介する。 ここでは...(2010/12/1 提供:ラティスセミコンダクター合同会社)

Loading