TechTargetジャパン

技術文書
通信事業者58社に聞く、5G動向調査レポート「けん引役はIoT」
 Telecommunications Industry Association(TIA)は、世界中の通信事業者 58 社を対象に、5G(第5世代移動通信)について調査を行った。多くの通信事業者が、5G では「完全な商用化は 2022 年以降」「けん引役は IoT」「開発と導入ではアジアがリード」と考えていること...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
レガシーWANからSD-WANへ、移行で得られる「5つのメリット」
 リサーチ企業のIHSによると、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の市場規模は2014年の7億8100万ドルから2019年には130億ドルまで拡大する見込みだという。このように急速に発展を遂げるSDNだが、近年、その適用先はデータセンターからWANへと移行し始めている。 ...(2016/6/10 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
パブリックとプライベートのクラウド混在でも、ネットワークの安全と効率とコストを確保する
 WANのコストは、常に企業のネットワーク関連予算を圧迫している。また利用できる帯域も圧迫され、アプリケーションパフォーマンス低下の懸念が収束することはない。この状況に対し、「SD-WAN」(ソフトウェア定義ワイドエリアネットワーク)によるネットワーク利用の最...(2016/2/4 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
ハイテク化が進む農業の技術イノベーション
24時間体制の農業や、自律走行トラクタ、無人コンバインなどは、もはや“農業SF(サイエンスフィクション)”の話ではない。現在の農業は、まさにこうした革新的な農業技術の実現に向かっているところなのだ。一般的に農業と聞くと、種をまいて、好天を祈り、作物の成長を...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「SD-WAN」と「レガシーWAN」を比較検証、4つのWANコストはどう変わる?
 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアで柔軟にネットワークを制御するSDN技術をWAN環境に取り入れた、次世代SD-WANソリューション導入による「WANに関わるコスト削減効果」を示している。ゼロタッチな拠点展開、クラウドGUIによる集中制御、回線種別を問わないルーティン...(2015/12/24 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
CATV業界におけるシェア拡大の鍵を握る「PONを使ったMSOネットワークの再構築」
 複数のケーブルテレビ局を統括運営するMSO事業者にとって、FTTHなどの光ファイバーによるネットワーク再構築は、コストであると同時に、新たなビジネスチャンスを生み出す大きなカギとなる。なぜなら、従来のホームユーザーに対して、より高速で大容量のサービスを提供...(2015/11/18 提供:日本アルカテル・ルーセント株式会社)

製品資料
メディアコンテンツの多面展開に、指針と成長を与える経営管理の仕組みとは?
 映画、テレビ番組、マンガ、アニメーション、楽曲などの作品を制作し収益を得ているメディアコンテンツ業界において、豊富で優良なコンテンツを制作・流通させることが成長のカギであることは間違いない。しかし一方で、これらコンテンツの1つ1つについてコストや収益状...(2015/10/28 提供:株式会社電通国際情報サービス)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月5日号:BoxとDropboxどっちの箱を選ぶ?
 Computer Weekly日本語版 8月5日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 7のサポート終了後に市場を制する「ハイブリッドデバイス」 企業は2020年のWindows 7延長サポート終了の準備を始めなければならない。そのとき、市場ではイブリッドデバイスの重要性が...(2015/8/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
INTEROP TOKYO 2015リポート(1):企業が注目すべき「SD-WAN」とは何か
 INTEROP TOKYO 2015を前に、日商エレクトロニクスとマクニカネットワークスは、米Viptelaと国内販売代理店契約を締結したと発表し、そのソリューションをINTEROPの会場で紹介した。一方、ネットワンシステムズは、VeloCloudとの代理店契約を発表、同社のサービスをINTER...(2015/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月18日号:コンピュータ教育最大の課題は?
 Computer Weekly日本語版 3月18日号は、以下の記事で構成されています。■犯罪が横行する“ダークネット”を合法利用する企業、しかし…… 未使用IPアドレスを利用するダークネットを活用する一般企業が現れた。合法的なツールも登場しつつあるが、ダークネットが犯罪...(2015/3/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
数千の診療ステーションから集めたデータをどう生かす? 遠隔医療のIoT技術とは
 「急速に進む高齢化」「長寿命化により急増する慢性疾患」「医療従事者不足」を背景に、医療業界は新たな効率化を求められている。そこで、遠隔地医療の、移動、費用、時間の大幅な削減の切り札として、IoT(Internet of Things)技術を用いた遠隔医療ソリューションに...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

レポート
スマホが電話に早変わり、先進事例で分かる「ソフトフォン」のススメ
 スマートフォンやタブレットを業務で利用することは、もはや当たり前となっている。社内外で働く従業員が端末や場所に関係なく、1つの電話番号を使えれば大きなメリットがある。スマートフォンをまるでオフィスの電話のように使えるのだ。 実際、こうしたソリューショ...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
業務継続性の10の落とし穴、システム停止時間を最小化するための指針とは?
 最新のHA(High Availability)技術は、アプリケーションとデータの変更を遠隔地のサイトに、継続的に転送し続ける。地震、停電、ソフトウェアのインストール不具合など災害や障害が発生すると、遠隔地のシステムに自動的に、瞬時にフェイルオーバーする。 従来、HA技...(2015/7/31 提供:Arcserve Japan合同会社)

事例
徳島県が災害時の情報通信手段を強化 公衆無線LAN整備に込めたもう1つの狙いとは
 徳島県は、災害時の情報通信基盤として公衆無線LANの整備を進め、県内の避難所や防災拠点など112カ所に無線LANアクセスポイントを設置し、2015年4月より、災害時だけでなく平時も活用できる公衆無線LANサービスをスタートした。 システムは、防災基盤という性質上、ミ...(2015/7/30 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
無線通信技術 第5世代移動通信「5G」の実現に立ちはだかる2つの壁
ニューヨーク大学科学技術専門校 次世代無線研究センター「NYU Wireless」でディレクタを務めるTheodore Rappaport氏は、「第5世代移動通信(5G)サービスを実現するためには、世界各国政府が協業することにより、ミリ波帯における周波数スペクトルのリリースに合意する...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今こそ基本をおさらい、サポート切れサーバOSの危険性とOS移行手順
 延長サポートが2015年7月に終了するWindows Server 2003を、なぜ新しいOSに移行する必要があるのか。「システム全体が危険にさらされる」と答えるのは簡単だが、ITプロフェッショナルではない上層部にその危険性を具体的に分かりやすく説明するには、問題を整理しておく...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「Medical×Security Hackathon 2015」に見た、日本の医療ITが目指すべき道のり
 「医療に革命を起こそう」をテーマにしたイベント「Medical × Security Hackathon 2015」が2015年3月7、8日に福島県の星野リゾートアルツ磐梯スキー場で開催された。 このイベントは、有識者による「講演」とハッカソン競技「Medical × Security Hackathon」の2つで...(2015/6/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
JCBの中国向けWebサイト運用、「Webサーバの日本国内移設」をどう成功させた?
 日本におけるクレジットカード事業のパイオニアであるジェーシービー。2011年には創立50周年を迎え、国内クレジットカード会社で唯一の国際ブランド「JCB」は、グローバル展開において新たな局面を迎えていた。 同社Webサイトの中国展開は、現地拠点が主体となってコン...(2015/5/27 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

レポート
押さえておくべき、エンタープライズモバイル戦略に重要な「4つのトレンド」とは?
 最近のIDCの調査によると、企業の30%が「モバイルアプリケーションの取り組みは事業部門によって予算化/主導された」としている一方で、「IT部門によって予算化/主導された」とする回答は15%だった。スマートデバイスの量的拡大、IoTの進展、ソーシャルビジネスの拡...(2015/5/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
NI製品導入事例集(研究・開発編)
ナショナルインスツルメンツは、コンピュータベースの計測、制御、組込システム設計アプリケーションを構築するためのソフトウェアとハードウェアを提供している企業である。NIの技術を使用して、世界の2万5000社以上の企業や学術研究において、開発コストの削減、生産性...(2015/4/23 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
「次はこうしよう!」を示す “一段飛ばし”で進化するビッグデータ分析の最新事例を見る
 企業経営で一般的になりつつある「データに基づく意思決定」。しかし最新のビッグデータ分析の世界ではさらにその意思決定が進化し、「次にとるべき最善の行動」までもが示されようとしている。従来は分析結果を見て人間が次の行動を考えていたが、この“処方的アナリテ...(2015/3/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
中国〜日本間のアクセス遅延問題、「目からウロコ」の解決策とは?
 今日では、世界中で高速インターネット環境が利用できる。だが、中国では状況は一変する。電子メールが届かないことがある、Webサイトがなかなか見られない。インターネットVPNを利用しようにも、アクセスが不安定で業務が思うように進まないのだ。日中間の国際回線が混...(2014/7/31 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
「Surface Pro 3」がビジネスツールとして評価される「3つの理由」
 重さ約800グラムの「Microsoft Surface Pro 3(以下、Surface Pro 3)」は、タブレットとしても、ノートPCとしても利用できるデバイスだ。さまざまな業務現場でフレキシブルに活用できる特質に加え、ボディはマグネシウム合金構造を採用しており、タブレットとして使う...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
顧客のデジタルエクスペリエンスの強化を図るシスコとAkamaiの取り組みとは?
 今後、企業をイノベーションに向かわせるテクノロジーはモバイルとクラウドだ。企業の従業員や顧客は複数のデバイスを新しいネットワーク内で活用し、これまでにないメリットを享受する。そんな環境の中、1分間のネットワーク停止は3万ドル弱の損失を発生させるといわれ...(2015/3/19 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
IoT時代のニーズを満たす、ネットワークを戦略的資産へと転換する「ハイブリッドWAN」とは?
 「ハイブリッドWAN」とは、スイッチング、ワイヤレスLAN、WAN最適化、セキュリティ、ネットワーク解析、音声など、さまざまなネットワークサービスを統合して運用管理するもので、サービス統合型ルータ(ISR)を活用して展開する。 従来のWANネットワークは、サービス...(2015/3/25 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
デジタル社会の成熟した消費者に購入を促す「心に秘めた3つの扉」を開ける方法
 デジタル端末機器の中で、スマートフォン、タブレット、ノートPC、高精細テレビは「ビッグ・フォー」と呼ばれ、市場をけん引してきた。しかし、アクセンチュアが2014年の秋に世界24カ国2万4000人の消費者を対象に行った購入計画調査では、いずれの製品も4〜8%減少して...(2015/3/16 提供:アクセンチュア株式会社)

レポート
「モノのインターネット」のセキュリティ、どう確保する?
 昨今、ITセキュリティの新たな課題となっているのが「モノのインターネット」に関するセキュリティリスクだ。インターネットに接続した「モノ」は2013年の99億から2020年には300億に増加するという予測がある。セキュアな開発が行われていない黎明期のデバイスは、PCや...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
モバイルアプリのパフォーマンステストに関する5つの誤解
 モバイルアプリケーションのパフォーマンスを評価するために、モバイルデバイスをアルミ箔で包んだり、エレベーターで地下室に行ったり……。このような不合理なテストを行ってはいないだろうか? 誤った認識に基づいたテスト手法が用いられている理由は、モバイルアプ...(2015/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
モバイルアプリのパフォーマンステスト、7つの危険なアプローチとは?
 ネットワークの状態はさまざまな形でアプリケーションのパフォーマンスに影響を与えてしまう。従ってアプリケーションを本稼働させる前には、包括的なテストを実施する必要があるだろう。しかし、一般的なパフォーマンステストのアプローチの中には、ビジネスを危険にさ...(2015/1/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
初期設備費用0円、最短2週間で始めるコールセンター導入
 交換器(PBX)を利用した従来型のコールセンターは、高価なサーバやライセンスの費用が導入時に必要だ。特に中小企業にとってはコスト面でのハードルが高い。また、「できれば繁忙期だけ短期で利用したい」「非常時用にBCP対策も実現したい」「CRMとの連携でCS向上を図...(2014/10/17 提供:楽天コミュニケーションズ株式会社)

Loading