TechTargetジャパン

製品資料
カスタマーエクスペリエンス向上を実現するアプリケーションをどう選ぶ?
 コンタクトセンターのように、顧客とのコミュニケーションや従業員同士のコラボレーションが重要な業務では、ITによるサポートが欠かせない。さらにピーク時の負荷や事業の成長などに対応するため、近年はコミュニケーションプラットフォームとして、拡張性の高いクラウ...(2017/11/1 提供:ジェネシス・ジャパン株式会社)

技術文書
クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方
 クラウドの導入に際して、多くの企業が運用効率やTCO、パフォーマンスなどを慎重に検討する。その一方で、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3種類の実装モデルと、配置するワークロードの特性の親和性については、十分な検討がなされていないのが現状だ。 だが...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウドをデザインしよう──自社に最適なクラウド環境の作り方
 クラウドコンピューティングは影響範囲を広げ、今では新規のIT費用のかなりの部分を占めている。その一方で、クラウドの導入率が高まったとしても、約半数のワークロードはオンプレミスサーバにとどまるともいわれており、ハイブリッドクラウドの重要性がますます高まっ...(2017/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
重要課題“ワークスタイル変革”が必要な5つの理由と解決策
 日本国内における労働人口の減少は、企業の活動に大きな影響を与えるのは間違いない。その一方で、グローバルな競争はますます激しくなっている。このような状況で、企業が競争力を高めるためには、ワークスタイル変革や業務プロセス改善をさらに進め、生産性を向上させ...(2017/6/1 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/4/17 提供:日本電気株式会社)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
セントラル短資FXに学ぶDBレプリケーション、リアルタイムBI活用を支える5要件
 データ分析にリアルタイム性が求められるようになったことで、データベース(DB)の可用性に対する考え方も大きく変わった。近年はリアルタイムBIを活用する上で、本番DBに負荷をかけずにリアルタイムに近い複製ができるレプリケーション環境が欠かせないものとなりつつ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

技術文書
開発者向けに限定公開!IoT 時代の組み込み機器向け統合プラットフォームの考え方
 ルネサスの開発者向けコミュニティサイトで人気の"Professor IoT"が、さまざまな視点から独自切り口で語る「Renesas Synergy(TM)」の詳細解説記事を特別に限定公開。 今回公開する記事は次の2つ。・「半導体チップ産業における製品としてのソフトウェアとは...(2016/9/26 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

製品資料
OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」
 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
事例で解説――ネットワークの3大トラブルを素早く切り分ける、監視のポイント
 ネットワーク管理者に大いなる心労をもたらす、ユーザー部門からの曖昧なトラブル報告。断片的な現象の報告と、勝手な推測を押し付けられ、どこから着手していいのか途方に暮れる管理者も多いはずだ。 しかし、トラブルの報告がある以上、ユーザーの訴えを無視するわけ...(2016/8/5 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

製品資料
コミュニケーション機能のクラウド移行――最大の敵「ネットのダウン」にどう備える?
 組織におけるコミュニケーションは多様化し、音声通話、ファクス、メールに加えて、ボイスメール、ビデオ会議なども使われるようになった。それに伴い増加するツールを統合管理するためにはクラウドが有効だが、コミュニケーション機能をクラウドに依存することのリスク...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまでMicrosoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比べ...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
「Office 2013」 vs. 「Office 365」
 場所やデバイスを選ばずどこでも使えると熱い視線が注がれている「Office 365」。だが、そのメリットはSaaSであるというだけにとどまらない。ライセンス形態やその他さまざまな面で比較してなお、オンプレミス版にはない魅力を備えている。 一方、クラウドの認知度は高...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

技術文書
次世代サービスマネジメント製品導入戦略ガイド
 ITサービスマネジメントの未来は、マシンデータの静的な分析から動的なビッグデータ運用インテリジェンス分析、そしてリアルタイムで反応できるデータ分析に基づいて全く新しい製品を創出できる能力へと重点が移りつつある。 本稿では「デジタル・ディスラプション」に...(2016/3/23 提供:アイティメディア株式会社)

事例
セイコーエプソンがアプリの開発工数を3割削減、効率化に成功した秘密とは?
 製品の一部として、あるいはマーケティングツールとして一般企業もモバイルアプリの開発や配信を手掛けるようになった現在、アプリの開発、管理、保守に掛かる手間やコストの増大に悩む企業は多い。これらの問題を解決する手法として注目されるのが、iOS・Android OSな...(2015/10/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまで米Microsoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比...(2015/9/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
OpenStack環境のストレージ 選定ポイント
 OpenStack環境のインフラとしてストレージに着目し、製品選定のポイントを紹介する。最終ゴールは、OpenStackを導入する際のストレージ製品の選定ポイントを明確化することである。第1章ではOpenStackのストレージ関連コンポーネントについて、第2章では各ストレージベ...(2015/8/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
医療、教育、IT、3つの成功事例から学ぶ仮想化導入のメリット
 現在、多くの企業が仮想環境を構築・運用しているが、拡張が進むにつれ、パフォーマンス管理とプランニングの柔軟性が重要視されるようになってきた。トラプルが顕在化する前に問題の芽をつみ取ることで、運用コストを極小化することができる。その際に、仮想環境の利用...(2015/3/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
知らなかったでは済まされない「Windows Server 2003」移行の落とし穴と「Windows Server 2012 R2」の新常識
 米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」の延長サポートが2015年7月14日(米国時間)に終了を迎える。多くの企業では新しいサーバへの移行を始める時期がきている。しかしながら、どこから手を付けたらいいのか分からないというケースも少なくないはずだ。 ...(2015/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のセキュリティ対策に欠かせない“OSセキュリティ強化の極意”とは
 OSハッキングにより必要な権限を盗み取ることができれば、ハッカーは自由にデータベースアプリケーションにアクセスすることができる。これがデータベースを攻撃する際、ハッカーがOSをターゲットにする理由である。「SAP HANA」などのソリューションによってデータ分析...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

レポート
Software-Defined Storageの経済性を徹底検証
 収益を上げながら企業競争力を維持するために、データとデータ分析を重視する企業が増加している。扱うデータは多様化する一方だが、IT投資は抑えたいという「より少ないリソースでより多くのことを行う」傾向は強くなる一方で、データセンターの構築に新しいアプローチ...(2015/2/6 提供:レッドハット株式会社)

レポート
【DevOpsガイドブック】DevOpsにまつわる、ありがちな「10の誤解」
 「DevOps(Development and Operations: 開発と運用)」が、トレンドキーワードであることは間違いない。だが、他の新しいアプローチ同様、誰もが口にするけれど、全員が理解しているわけではないのが現状だ。本資料は米WileyによるDevOpsをビジネス中心のアプローチで...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
10のQ&Aで知る、モバイルアプリ開発の極意
 モバイルデバイスの急速な普及とともに、企業規模を問わず、モバイルアプリケーションの開発が拡大している。ユーザーとのコミュニケーションを強化する手段として、アプリ開発に取り組んでいるケースも見受けられる。こうした変化に伴い、モバイルアプリのテスト管理と...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
アプリケーションのリリースを自動化してアジャイルなIT組織になるには
 新しいサービスを素早く本番へ移行できるようにする開発方法として、アジャイル開発を取り入れる企業が増えている。ソフトウェア開発を小さなサイクルまたはイテレーション(反復単位)で進めていくことで、ソフトウェア開発ライフサイクルを大幅に短縮するこの手法は...(2014/12/25 提供:CA Technologies)

製品資料
サポートが終了するSQL Serverを使い続けるリスク
 企業の基幹業務システムを長年支えてきた「SQL Server 2005」の延長サポートが2016年4月に終了する。また、「SQL Server 2008」のメインストリームサポートも2014年7月8日に終了する。メインストリームサポートが終了した製品は、セキュリティリスクに対応する修正プロ...(2014/12/19 提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly Apple製品の正しい使い方
 Windowsクライアントを前提とした企業環境に、iPhone、iPad、MacといったApple製品が導入されつつある。これらを企業の運用・セキュリティポリシーに合致させつつ活用していくにはどうすればよいのか? 企業の不慣れなApple製品に直面したIT分門の参考になる、以下の関...(2014/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの5万台の仮想マシンを想定したOpenStack基盤拡張計画
 日本有数のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーでは、ビジネスの成長に伴って急増した物理サーバを集約するため、主にアプリケーション開発用にプライベートクラウド基盤を2009年から運用してきた。自社開発のAPI活用で、仮想マシン、ストレージ、ネットワ...(2014/12/5 提供:ネットアップ株式会社)

Loading