TechTargetジャパン

製品資料
「あえて作り込まない」が正解? 運用重視の業務アプリ開発とは
 急速なビジネスの変化とITテクノロジーの進化により、業務アプリケーションのライフサイクルはさらに短くなった。特定の業務が発生するたびにフルスクラッチでアプリケーションを外注するような従来の方法では、要件の変化に対応できず、コストは膨らむばかりだ。 ここ...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Notesで作るモバイル対応業務アプリ 帳票をそのままアプリにできるってホント?
 スマートフォンやタブレットといったモバイル端末の業務利用は、検討・展開のフェーズを終え、より具体的な活用と効果が求められるようになった。当初は「PCが利用できない場合の補助的なツール」と考えられていたモバイル端末が「PCを必要とせず、それだけで必要な仕事...(2015/10/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
5年後の業務アプリケーション開発はどうなっているだろうか
 業務アプリケーション開発者のための技術情報サイト「業務アプリINSIDER」で実施したアンケートの結果資料。開発の現状や今後の方向性、習得したい技術などについて現場の意見が集まった。 現在、C/SやWebアプリなど提供方法の違いはあるが、その多くが「ユーザーの業...(2013/4/22 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
業務アプリケーション開発の現状と課題
開発エンジニアは何らかの形でユーザーが利用する業務アプリケーションの開発に携わっている。そこで採用される技術や、開発プロジェクトを推進していく上での課題などを、@IT読者にアンケートした調査資料。結果概要を見てみると、基幹系から情報系まで幅広い業務システ...(2012/10/26 提供:グレープシティ株式会社)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/7/8 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
一問一答で解決「HTML5ならPC、スマホ、タブレット全部対応」の大きな誤解
 スマートフォンが普及した今、スマートデバイスでPCの置き換えを狙いたいという企業も多いだろう。そこには、これまで利用していた業務アプリをスマートデバイスでどう動かすか、という大きな課題がある。iOS、Androidアプリを個別に開発することが理想だが、そのために...(2014/7/29 提供:株式会社オープンストリーム)

講演資料
働き方の変革をセキュリティを高めながらスマートデバイスで実現
 スマートデバイスの業務利用が増え、働き方にも変化が起きている。社内外から業務データにアクセスできれば、隙間時間を上手に活用できるが、障壁となるのがセキュリティの問題だ。 本資料では、スマートデバイス上に“セキュア・コンテナ”と呼ばれる領域を設定し、業...(2014/1/15 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

技術文書
徹底検証! CLUSTERPRO XによるVMware vSphere 5仮想化環境の可用性向上
 仮想化環境の導入によりサーバが集中化した環境では、万が一の障害でサーバがダウンした場合、仮想マシン上の全ての業務は停止してしまうため、仮想化環境における可用性の向上は、業務の継続性を保つ上で重要な要素になる。 VMware vSphere 5にはVMware HA、VMware FT...(2013/8/29 提供:日本電気株式会社)

講演資料
アプリ/デスクトップの仮想化でセキュリティを強化――検討すべき5つの要件
 近年、相次いで発生している情報漏えい事件では、マルウェアが使われた報告が少なくない。Web閲覧やメール送受信を行うクライアント端末は狙われやすいため、さまざまな対策が取られているが、業務アプリケーションの互換性の問題からいまだに旧バージョンのWebブラウザ...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
Googleの企業向けサービス、ビジネス利用は得か? 損か?
 Googleのサービスを導入する企業が増えている。だが、本当にGoogleのサービスはビジネスの命運を委ねるに値するレベルに達したのだろうか? 本コンテンツでは、Googleマップを業務アプリケーションに組み込んだ事例やMicrosoft OfficeからGoogle Appsへ移行した企業の...(2016/2/17 提供:KDDI株式会社)

事例
Windows 7移行に伴う業務アプリのサポート問題。サッポロが選んだアプリケーション仮想化
 「黒ラベル」のブランドで知られる酒類事業などを通じて、「食」と「空間」の2つの分野で価値ある商品・サービスを提供し続けるサッポログループ。同グループの本社機能の一翼を担うサッポログループマネジメントでは、この数年のIT課題となっていた4000台のPCの老朽化...(2013/1/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

講演資料
これからのビッグデータ活用の話をしよう──適材適所の分析テクノロジーの選び方
 ビッグデータ時代の到来で、データベースを取り巻く新たなテクノロジーが、次々登場している。だが、要件もアーキテクチャもバラバラの数百の業務アプリケーションに1つの技術で対応するのは不可能だ。要件とアーキテクチャをパターン化できれば、実装すべきテクノロジ...(2014/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
業務利用のモバイルセキュリティ対策――利用範囲を広げる前に確認すべきこと
 企業のモバイル端末の利用はさらに拡大し、それまでPCに頼らなかった業務範囲にまで及ぶようになった。これまでのような一部の従業員が利用していた状況からは大きく変化したことで、モバイルセキュリティの在り方も変わり始めている。 例えば、ユーザー数に比例してモ...(2016/5/17 提供:菱洋エレクトロ株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 企業向けGoogleサービスのリスクとメリット
 Googleのサービスを導入する企業が増えている。だが、本当にGoogleのサービスはビジネスの命運を委ねるに値するレベルに達したのだろうか? 本コンテンツでは、Googleマップを業務アプリケーションに組み込んだ事例やMicrosoft OfficeからGoogle Appsへ移行した企業の...(2013/12/11 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ストレージの3大課題、「仮想化」「自動化」「集中管理」の解決方法
 データ量の急激な増加、スマートデバイスなどの新しいアクセス方法、可用性や俊敏性に対する需要の増大……。かつてないほど膨大で難かしい課題を抱えている企業のストレージは、今後どのように提供、管理するべきか。 この資料では、「仮想化」「自動化」「集中管理」...(2013/6/14 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
Windows Server 2003移行は、準備、作業、稼働後のトータルサポートで乗り切れ
 2015年7月15日に延長サポートが終了するWindows Server 2003。サーバの移行はWindows XP終了時以上に時間とコストが掛かると見られている。早急かつ計画的な検討が必要だが、いざ移行の検討準備を始めると、「業務アプリが新しいサーバに対応していなかった!」「仮想化...(2014/10/14 提供:NECネクサソリューションズ株式会社)

レポート
業務アプリケーション開発現場の現状と課題
 ソフトウェア開発の現場では、現在どのようなテクノロジーが採用されているのか?開発者は、どのような課題を抱えているのか?@IT読者を対象にアンケートを実施し、その結果をまとめたレポート。 WPFやSilverlightなどクライアント技術の動向や、ソフトウェアの品質や...(2010/4/8 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
UI開発の現状と課題とは?
 業務用を中心とするアプリケーション開発プロジェクトでは、現在主に「Windowsフォーム」や「ASP.NET Webフォーム」といった、“枯れた”技術を使用してUI(ユーザーインターフェース)が開発されている。 実際にUI開発の担当は誰がしているか?という設問では、全体の...(2011/10/20 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
モバイルアプリケーション開発への取り組み状況は?
@IT読者を対象に、スマートフォンやタブレットを含むモバイル端末用アプリケーション開発への取り組み状況をたずねたところ、全体の15%が「既にビジネスとしてモバイルアプリケーション開発を行っている」と回答した。また「研究用・実験的に開発を始めている」「今後1...(2011/4/11 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
Windows 8時代のアプリケーション開発について
 Windows 8 Consumer Preview のリリース(2012年2月29日)直後に、Windows 8用アプリケーション開発への興味度合を、@IT読者を対象にアンケートを実施し、その結果をまとめた調査資料。 およそ70%が検討中、調査中と回答しており、業務アプリ開発者の多くが現在“情...(2012/4/23 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
クラウドのトラフィックが業務アプリを圧迫!?  〜クラウド時代におけるWAN最適化ソリューションとは?
 サーバ仮想化技術の流れも受け、インターネット経由で接続し、複数のユーザで共同利用を行う「パブリッククラウド」の導入が爆発的に進んでいる。企業はインターネットさえあれば、業務に必要不可欠なアプリケーションを利用することができ、面倒なネットワーク運用・セ...(2010/6/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
高速軽量DBで業務アプリのパフォーマンス向上!その手法とテクニックとは?
データベース製品で26年間の製造・販売実績を持つ米国Pervasive社が、長い年月をかけ蓄積したパフォーマンス向上の改善方法やテクニック(メモリの使用やチューニングの方法など)を始め、データベースを最適化するためにお役立ていただける情報を紹介しています。■コン...(2008/5/13 提供:株式会社エージーテック)

事例
仮想プライベートクラウド導入で、年間200万円ものコスト削減に加え、開発の効率化も実現
 国内のオーバンド使用量は年間約340億本にものぼり、この膨大な製造・流通を支えるのが大阪市の本社に設置されている株式会社共和の情報システム室だ。 8名のメンバーで構成される情報システム室では基幹となる業務アプリケーションの開発・運用をはじめ、全国で350台...(2010/9/8 提供:ソニービジネスソリューション株式会社)

製品資料
管理者によるパスワード管理が情報漏えい防止のカギ
 セキュリティ管理者が頭を悩ませている社内の情報漏えいの危機管理。情報管理するための製品は、ID/パスワードによる管理をベースとしていることが多い。それは、Windowsのログオンに始まり、各業務アプリケーションへアクセスを考える際にID/パスワードの管理が必須...(2008/12/1 提供:株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

製品資料
基幹系システム印刷を守れ - ビジネスを脅かすリスクと多くのムダ
印刷統合を考えるにあたっては、オフィスのWindows環境から手をつけるケースが一般的だが、企業としては業務アプリやERP(SAP等)、ホスト(IBM z, i等)からの基幹系システム印刷の方が遥かに重要ではないだろうか?ただそれらは既に特殊環境が構築され別管理だったり、サ...(2010/6/10 提供:LRSジャパン)

製品資料
FAX ASPはもう古い!? SaaS型サービスを利用した帳票自動配信とは
 基幹システムリプレイスに合わせてこれまで利用してきた「自社運用FAXサーバ」を廃止しASPサービスを利用する企業が増えている。理由として、FAXサーバの機器や運用など人・モノにかかるコストが非常に大きいことがある。一方で実際に改善するのはASPサービスと接続した...(2008/7/28 提供:コクヨS&T株式会社)

その他
現場力を鍛えるこれからのBI
 経営層が経営分析に利用してきたBI(ビジネスインテリジェンス)が、一般社員層にまで広がってきている。現場の仕事にBIは直接利用でき、うまく活用すれば「現場力」を確実に高める成果を上げられるという認識は、先進企業間ではすでに常識となっている。また、日本版SOX...(2006/11/21 提供:アイティメディア株式会社)

Loading