TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
「もっといいクルマ」を目指す、トヨタの3Dデータ活用事例
 もはや設計のデジタル化は製造業にとって珍しいことではなく、多くの企業で3D CADによる設計開発がごく当たり前のように行われている。トヨタ自動車も多分に漏れず、1996年には3Dデータを軸にしたデジタルエンジニアリング技術「V-Comm」を開発、現在、設計の現場ではダ...(2017/10/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「第25回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」展示会レポート
VR・AR、ヘッドマウントディスプレイなど最先端の3D技術や超高精細の映像技術が一堂に出展、その場で体験ができる専門技術展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加し...(2017/10/3 提供:株式会社アペルザ)

レポート
「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)」展示会レポート
CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方などに...(2017/9/28 提供:株式会社アペルザ)

レポート
「スマートファクトリーJapan 2017」「Smart Sensing 2017」展示会レポート
生産工場に関する技術と、センサ、センサノード、半導体・部品デバイスなどが集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方などに、ぜ...(2017/9/19 提供:株式会社アペルザ)

市場調査
クラウドインフラに関するアンケート(2017年6月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/9/19 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
「第20回 組込みシステム 開発技術展」展示会レポート
組込みシステム開発に必要なハードウェア、ソフトウェア、コンポーネントから開発環境までが揃う展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった...(2017/9/7 提供:株式会社アペルザ)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
 概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造、マ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

プレミアムコンテンツ
3Dマシンビジョンの仕組みと導入メリット
製造業の生産ラインにおいて、バラ積みされた状態の部品をロボットでピックアップして次工程に供給する「部品供給工程の自動化」が着目されている。部品は通常、他の工場や工程で製造され、輸送などにおいて部品箱の中でバラ積み状態となっていることが多い。しかしロボッ...(2017/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
普段使わないから選択に困る「データ保護製品」を選ぶための5つの理由
 万が一に備えてデータ保護の用意は欠かせない。だが平常時には出番のない備えだからこそ、いざ障害が起きてしまってから「リストアに想定外の時間がかかる」などの問題が明らかになるケースも多い。 そうならないための「データ保護ソリューションを選ぶ5つの理由」を...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
事例:Oracle DBの処理速度が10倍以上に高速化、フラッシュとSoftware Defined Storageによる待ち時間削減は554時間/日を達成
 システムの基盤強化に継続して取り組んでいる企業のシステムにおいても、期末といった特定期間にレスポンス悪化を起こすケースが散見される。この場合、一時的なトランザクション増加に、I/O性能がついていけないことが原因だ。 トランザクションが増加するということ...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
多様化・巧妙化するセキュリティ脅威に翻弄される担当者にお贈りする――「特権ID」入門
 標的型攻撃や内部不正による情報漏えい。企業のセキュリティ担当者は多様化・巧妙化するセキュリティ脅威を前に、何から対策をすればいいのか――。ここで注目したいのが、社内システムに幅広いアクセス権限を持つ「特権ID」だ。その特権IDを使えば、社内のさまざまなデ...(2016/8/4 提供:エンカレッジ・テクノロジ株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年5月号(最終号)をご紹介。 特集記事...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
NTTドコモが6600万ユーザーの課金/決済システム基盤を刷新、その理由と効果
 NTTドコモが、パートナー企業と付加価値を創造する「+d(プラスディー)戦略」を支える基幹インフラである料金システム「MoBills」。この刷新に踏み切った最大の理由は、システム負荷の増大であった。回線契約数の増加に伴うトラフィック量の増大や、新サービス追加に...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
もう何も犠牲にしないクラウド移行――オンプレミスの機能をクラウドでも
 クラウドサービスの活用は広がっているが、「既存のアプリケーション/データをクラウドに移行するのに多くの手間とコストが掛かる」「クラウド上のアプリケーションやデータなどをオンプレミスに戻すのが難しい」といった声を聞くことも増えた。一方、オンプレミスで培...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
情報システム管理者が5〜10人の中小企業を想定した、マイナンバー対策案内
 経済産業省の調査でも、中小企業のセキュリティ対策実施率は大企業と比べて低いことが指摘されている。その理由として「費用対効果が見えにくい」「コストが掛かりすぎる」「ノウハウがない」などが挙げられるが、マイナンバー制度が既に施行された以上、対策を怠るわけ...(2016/2/4 提供:パラレルス株式会社)

レポート
「CAE専任者は偉くなれない!?」設計現場の現役技術者たちによる本音トーク
 CADやCAE、設計業務について、Twitter上で活発に議論を交わす技術者の人たちがいる。編集部が独断と偏見(?)でその代表選手を選び、大手町に召集! 現状の設計やCAEの業務について大いに語っていただいた。 本連載では、その内容を4回に分けてお届けする。「それ、あ...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
システム部門に頼らず業務部門が直接データ活用、さまざまな業種での実例紹介
 基幹システム内のデータを活用する上で問題となるのは、業務部門が欲しいデータを引き出すために、必要以上の時間がかかってしまうことだ。さらに別の切り口を加えようとすると、また一層の時間を要してしまう。こうした状況を作り出している原因は、基幹システム内のデ...(2015/10/16 提供:富士電機株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
Oracle Databaseのパフォーマンス改善に、最適なエンジニアリングとサポートを得る方法
 多くのユーザーが活用するオラクル製品に対して、常に安定的な稼働を求める場合、専門知識を持ったエンジニアのサポートが欠かせない。利用者やデータ量が増加し、このままではシステムが不安だという場合や、実際に動作が不安定だといった課題がある場合、よく採られる...(2015/7/31 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

事例
バックアップ/リストアに「銀の弾」はあるのか? 達人たちの事例に学ぶ設計運用のノウハウ
 今日、企業の生命線であるデータを守るため、バックアップは重要な課題となっている。もちろん、ただバックアップを取るだけでは意味がない。万一の際には確実かつ迅速に、日々の業務を停止することなくリストア可能な環境を整えなければならない。 本稿では、2015年1...(2015/4/20 提供:デル株式会社)

製品資料
手段が目的になっていませんか?無理なく機能安全規格に対応するためのALMソリューションとは?
自動車、医療機器、産業用製品等には膨大な規模のソフトウェアが組み込まれており、各企業にはシステムとして安全に動作することが求められている。人命にかかわる機器の安全性については、欧州を中心に基準(IEC61508)が策定され、各分野において「機能安全規格」が発行...(2015/4/20 提供:キヤノンITソリューションズ株式会社)

技術文書
ソフトウェア開発の可視化を実現しライフサイクル全体にわたるトレーサビリティを確保するIntegrity
 近年の組込み開発を取り巻く環境は非常に厳しいものになっている。開発規模は年々加速度的に拡大されているものの、開発期間はそれに比例せず、 短期間での開発を求められている。 例えば自動車、産業用製品に代表される電気・電子機器、医療機器等には膨大な規模のソ...(2015/4/20 提供:キヤノンITソリューションズ株式会社)

技術文書
組み込み開発における要件管理、トレーサビリティを実現する方法とは?
 近年、製品機能の複雑化、ソフトウェア開発のライフサイクルの短期化に伴い、開発工程における仕様/設計変更の管理や不具合の発見/分析が課題となっている。 また、様々な産業機器において機能安全規格の制定が進んでおり、電気・電子機器全体を対象とするIEC61508を...(2015/4/20 提供:キヤノンITソリューションズ株式会社)

事例
事例に見る:MacとWindowsの混在環境でのデスクトップ仮想化課題解決法
 Mac上でWindows仮想環境を導入する際の注意としては、Windows PCでのデスクトップ環境と比べて動作が遅くなったり、使い勝手が不便になることを極力避けることだ。この体感速度の問題はアプリケーションによっても発生することがある。エンタープライズ系のアプリケーシ...(2015/2/6 提供:パラレルス株式会社)

製品資料
会計・人事給与システムで一歩先を行く経営を実現するための4つのキーワード
 多くの会計・人事給与システムがリリースされているが、どれも似たり寄ったり、といった印象を持っていないだろうか。目まぐるしく変化するIT環境や世界経済に対応するためには「クラウド」「グローバル」「IFRS基準」「グループ経営」といったキーワードに着目して選び...(2015/1/28 提供:スーパーストリーム株式会社)

講演資料
Windows Server 2003サポート終了対策、移行先のシステムに必須のテクノロジーとは?
 2015年7月にWindows Server 2003のサポートが終了する。新規OSへの移行は必須で、一時的に延命措置を取るにもコストはかかる。移行に近道やチートは存在せず、基本に忠実に、現状を把握し、優先順位を決め、一時的延命対策を含めた移行作業を進めていく必要がある。 本...(2014/9/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
関西テレビ放送の24時間365日の事業を支えるバックアップ/DRシステム構築に迫る
 1985年の開局以来、近畿2府4県を中心とする視聴者に親しまれてきた関西テレビ放送。同社が近年、経営課題として重視するのが事業継続性の維持だ。2011年3月の東日本大震災でマスメディアの在り方があらためて問われ、放送に支障を来すレベルの災害発生時にも迅速で正確...(2014/7/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading