TechTargetジャパン

製品資料
迫る消費税改正、ここだけは気をつけたいシステム対応のポイント
 2014年4月1日より消費税率が8%に引き上げられる。さらにその1年半後の2015年10月には10%へと2段階で税率引上げが実施される予定だ。今回の消費税法改正では、税率アップと一定要件に関して現在の消費税率が適用される経過措置が設けられている点に注意したい。システ...(2014/2/26 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
消費税増税に伴うシステム対応 「税率アップ」と「経過処置対応」で何が違う?
 今回の消費税法改正では、現在の消費税率5%(国税4%、地方税1%)が、平成26年4月1日からは8%(国税6.3%、地方税1.7%)に、平成27年10月1日からは10%(国税7.8%、地方税2.2%)に引き上げられる予定だ。また、「旅客運賃等」「電気料金等」「請負工事等」「資産...(2013/8/30 提供:株式会社ミロク情報サービス)

技術文書
節約や家庭のエコ対策に「節電」を重視する人が3年連続最多!
 アサヒグループホールディングスの「お客様生活文化研究所」が全国約1000人を対象に実施した、節約に関する意識調査によると、節約を「強く意識している」「まあまあ意識している」の合計が90%を超えた。 消費税の増税以降、節約を意識する人の割合は増加傾向にある。(2016/7/20 提供:KDDI株式会社)

レポート
会計システムはオンプレミス運用が6割、マルチデバイス環境での利用はわずか6%
 会計システムは6割以上の企業がオンプレミスで運用しており、マルチデバイス環境での利用はわずか6%──ミロク情報サービスが、企業の会計システムの実情について行った調査によると、会計システムは63.7%の企業がオンプレミスで運用していると回答、情報システムと比...(2015/1/23 提供:株式会社ミロク情報サービス)

講演資料
システム導入による経理業務効率化は実例に学べ
 多くの企業にとって、経理業務の効率化は常に頭を悩ませている課題だ。システム導入による経理業務効率化は効果的だと認識されているものの、具体的にどう取り組めば効果が得られるのか分からず、いまだ導入に至らないケースが見受けられる。業務改善を行うためには、ま...(2013/11/1 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
中堅・中小企業のグループウェア“クラウド化” ――課題と最適解とは?
 オンプレミス型グループウェアを運用していると、サーバ・インフラの管理、運用工数により、多額のコストが発生する。 一方、クラウド型グループウェアでは、サーバの管理運用は事業者が代行するので、コストがぐんと抑えられる。もし、容量無制限であれば、容量超過に...(2013/7/19 提供:ファーストサーバ株式会社)

カタログ
【カタログ】MJSLINKII
【製品概要】税理士・公認会計士事務所の要望を取り込んできた財務システムをベースにしたERPシステム(1)主な定型業務 財務、管理会計、給与、人事、販売、仕入在庫、資産管理(固定資産、リース資産)、税務申告(消費税申告書、法人税申告書、決算内訳書、電子申告)(2...(2010/10/2 提供:株式会社ミロク情報サービス)

Loading