TechTargetジャパン

技術文書
ハイパーコンバージドインフラの基礎解説――製品選び「8つのポイント」
 ハイパーコンバージェンスとは、データセンターに期待するパフォーマンスや安定性、可用性を損なうことなく、クラウド環境のような経済性と規模を実現できる方法だ。このコンバージェンスというトレンドは、複雑性が増加しているデータセンターをシンプルにするために生...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
80%の時間と予算が保守に費やされている? コンバージドシステム活用のススメ
 IDCの調査では、多くのIT部門がIT環境の簡素化と同時に、応答時間やサービスレベル向上のために「コンバージドシステム」を採用していることが分かった。コンバージドシステムは、ハード/ソフトのコンポーネントが最適化されて単一パッケージにまとめられており、統合...(2016/3/23 提供:デル株式会社)

技術文書
EUCとVDIの設計構築、選択肢を知り選定ポイントを知れば危うからず
 EUCサービスやアプリケーションを提供するためのインフラを設計する際は「エントリーポイント」「拡張性」「パフォーマンス」「モニタリング」「キャパシティー」の5つの点からアーキテクチャとベンダーを評価する必要がある。これらを満たさなければ、運用において多く...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
「システム維持」の時間を40%以上削減――ITインフラの何をどう変えたのか
 これまでIT部門は独自のインフラを構築し、アプリケーションの購入を進めていた。しかし現在ではこうしたモデルの逆を目指すようになり、迅速にアプリケーションの構築が可能であるだけでなく、シンプルで導入しやすいITインフラを求めるようになってきている。 こうし...(2016/10/3 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
最大43倍のパフォーマンスを実現、データベースを支えるコンバージドインフラストラクチャとは
 企業向けデータセンターの効率を高めることは、企業の根幹にかかわる問題だ。本レポートは調査会社Principled Technologiesによる、コンバージドインフラストラクチャ「Dell PowerEdge FX2」と従来のラックサーバを比較したテスト報告である。 テストでは、Dell PowerE...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
柔軟なITインフラ実現の鍵、次世代コンバージドインフラの実力を探る
 ITの敏しょう性や効率性の観点から、システム統合、リソース効率化、管理の一元化、投資コスト低減を実現するコンバージドインフラストラクチャに注目が集まっている。サーバ、ストレージ、ネットワーク、および管理機能を1つのユニットに配置し、構成を変更するだけでI...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/5/12 提供:デル株式会社)

レポート
“ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む
 現在、デジタルテクノロジーの進化速度は予測不可能なレベルにまで到達している。数多くの新たなテクノロジーやパラダイムが登場し、未来のコンピューティングプラットフォームは誰にも予想することができない。モバイルデバイスやIoTの普及により蓄積されるデータ量は...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
IT工数の77%がインフラ管理? コスト削減の解はパブリッククラウドだけではない
 IDCの調査によると、IT工数の77%がインフラ管理に費やされ、その他さまざまな問題に対応するIT工数は、残りの23%にすぎないことが示されている。仮想化はインフラの複雑さを回避する有力な手段であるが、運用コストがかさむこと、設計の難しさなどが課題でもある。 ...(2015/7/29 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
オンプレミスへの回帰で注目、コンバージドインフラが解決する「4つの課題」
 企業ITのトレンドとして、パブリッククラウドへの移行は今後も続くと予想されるが、システム規模やサービス利用期間によっては、パブリッククラウドのコストがオンプレミスのコストを上回ることがあることを知っているだろうか。そのため、「オンプレミスへの回帰」とい...(2016/4/1 提供:デル株式会社)

製品資料
コスパ重視のオールフラッシュストレージ選び、低予算でも手に入る10のメリット
 これまで高性能で高価格というイメージを持たれていたフラッシュストレージだが、ここ数年で低価格化が大きく進み、コストパフォーマンスの面でもHDDに対して優位性を発揮するようになってきた。それに伴い、エントリークラスからミドルクラスのオールフラッシュ製品の...(2016/9/12 提供:DELL EMC)

技術文書
ブレードとラックマウント型の「いいとこ取り」サーバを検証する
 ブロック型アーキテクチャを採用したサーバ「Dell PowerEdge FX」は、サーバやストレージ、スイッチなどのリソースノードをブロックのように組み合わせて柔軟に構成することができるプラットフォームだ。Dell PowerEdge FXならば、PCIe Gen3スロットを最大8本備え、ハー...(2015/1/27 提供:デル株式会社)

レポート
Software-Defined Storageの経済性を徹底検証
 収益を上げながら企業競争力を維持するために、データとデータ分析を重視する企業が増加している。扱うデータは多様化する一方だが、IT投資は抑えたいという「より少ないリソースでより多くのことを行う」傾向は強くなる一方で、データセンターの構築に新しいアプローチ...(2015/2/6 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
プライベートクラウドが解決できる「3つの重要なビジネス課題」とは?
 ITとビジネスの関係は極めて密接だが、それ故に、さまざまな課題が指摘されてきた。特に「ITが新たなビジネス要件に迅速に応えているか」「ITコストは常に適正化されているか」「ユーザーの生産性向上にITは本当に貢献しているか」といった問題は、かなり以前からユーザ...(2015/10/8 提供:デル株式会社)

製品資料
例えばOpenStack導入、クラウド基盤を「統合インフラ」で構築するという選択
 ビジネスを支えるIT環境の基本条件として、仮想化やクラウドへの対応はもちろん、適用業務に対する最適なインフラの構築・運用が求められる。統合インフラは、ネットワークモジュールから管理ソフトまで全てをそろえて効率良くサーバ環境を構築できるため、最適なインフ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
ITインフラのスピード構築術「3つのポイント」
 ITサービスを速やかに立ち上げることは、多くの企業にとって重要な課題だ。しかし、インフラ環境の構築は、設計からシステム構成の検証、運用手法の確立など、選定・検証・構築に時間がかかる。 本ホワイトペーパーでは、部門単位の小規模組織から1000人以上の大規模組...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
医療機関向け「オールフラッシュストレージシステム」が注目される理由
 高機能なSSDの価格低下を背景に、オールフラッシュストレージシステムが注目されている。ストレージは迅速なデータアクセス最大のボトルネックであり、増加するデータの管理の点からも、常にコスト低減が求められる。オールフラッシュストレージはその解決策として期待...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

比較資料
5つの基準で評価する仮想環境対応ストレージ選定
 仮想化インフラはこれまでに配備されたどのインフラテクノロジーよりも急速に成長してきた。それに伴い、ストレージに対する要求はビジネスの予測可能な水準をすぐに超え、これまでには考えられなかったパフォーマンス、容量、制御、適応性、耐障害性が求められている。(2013/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
Software-Defined Storageの経済性を徹底検証
 収益を上げながら企業競争力を維持するために、データとデータ分析を重視する企業が増加している。扱うデータは多様化する一方だが、IT投資は押さえたいという「より少ないリソースでより多くのことを行う」傾向は強くなる一方で、データセンターの構築に新しいアプロー...(2014/7/28 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
ビジネスニーズに応える、IT化されたビジネスへの変革とは
 ビジネスの成長において、従来型のITコストや既存のアプリケーションが、新しい製品やサービスの導入の妨げになっていることも多い。これら妨げとなるIT課題に対して、既存のアプリケーションを評価し、それぞれのコストや相互依存性、アプリケーションがもたらすビジネ...(2015/4/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly クラウドストレージが仕事を変える
 コンシューマーを中心に、急速に広まったクラウドストレージ。個人のファイルバックアップや自宅−職場間でのファイル利用から始まり、業務向けサービスへと発展してきた。 クラウドストレージは、単なるファイルサーバのアウトソーシングではない。クラウドストレージ...(2015/3/11 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
サイバーエージェントが選んだネットワーク基盤、納得の選定理由とは?
 サイバーエージェントが運営するサービス「Ameba」は、2014年に会員数が4000万人を超えるなど国内最大規模の事業を展開している。同社のITインフラは「内製」を基本として、サービスの規模に合わせてデータセンターやその管理方法を進化させてきた。 2013年、サイバー...(2015/2/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月5日号:クラウドに失敗する企業の法則
 Computer Weekly日本語版 11月5日号は、以下の記事で構成されています。■どうしてこうなった? 勘違い企業のクラウド失敗事例集 安易、無思慮にクラウドを導入するとどうなるのか? シクラウドを“問題が何でも解決する魔法の薬”と勘違いした企業の無残な失敗の数...(2014/11/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
リモートオフィス向けサーバ参照用構成 Hyper-V 統合システム
 拠点(リモートオフィス、支社、事業所、スモールオフィス)におけるサーバシステムは、本社データセンターよりもさらに管理およびサポートのオーバーヘッドが最小になるような効率的なITインフラが求められている。 本ホワイトペーパーでは、Windows Server 2012 Hype...(2013/11/22 提供:デル株式会社)

レポート
OpenStackのビジネスチャンスと課題を探る
 クラウドシステムソフトウェア市場は、クラウドプロバイダーが主導するパブリッククラウドと、企業が主導するエンタープライズサーバ仮想化の進化形としてのプライベートクラウドの2つに大きく分かれてきた。 本リポートでは、パブリッククラウドとプライベートクラウ...(2014/6/30 提供:レッドハット株式会社)

レポート
OpenStackでオープンなクラウドソリューションへのニーズに応える
 クラウドシステムの基盤として注目を集めているのがオープンソースプロジェクトのOpenStackだ。クラウドの相互運用性や可搬性は依然課題を抱えているが、OpenStackは課題解決の有望な取り組みだ。レッドハットが市場に投入したOpenStackディストリビューションは、エン...(2014/6/30 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
ベンダーロックインを回避し、オンプレミスとクラウドを適材適所でつなぐ方法
 従業員が何にも邪魔されずにITにアクセスできる。つまり、どこからでもインフラ、アプリケーション、情報、さらにはサービスにアクセスするための重要な要素が「クラウド」であることは、もはや疑いの余地はないだろう。 しかし「場所を問わないサービスデリバリ」とい...(2013/7/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
既存システム再編のためのワークショップ ITコスト60%削減を目指すための方法論
 厳しい経済環境を切り抜けて成長していくためのIT活用は、何も新しいテクノロジーの採用ばかりが正解ではない。既存のテクノロジーを最大限に活用する方が、コスト的にも運用的にも有効な場合は多々ある。IT投資が厳しく制限される中で、自社のIT環境を最適化するための...(2013/7/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading